サイトメンテナンス中..詳細はこちら

千葉産直サービスの鯖缶『焼き塩さば』を食レポしてみた。【5つ星評価、味】

マツコの知らない世界でサバジェンヌ池田さんが推薦!

今回はさば缶としては意外と見ることが少ない『焼き塩さば』です。

実はこの缶、2017年12月5日放送分「マツコの知らない世界」で取り上げられていました。しかも、プレゼンターはあの全さば連の池田陽子さんで、試食してみない手はないということですね。

千葉産直『焼き塩さば』

まずはこの鯖缶の情報から。メーカーは千葉産直サービスということで、あの「とろさばシリーズ」でお馴染みです。価格は367円と思ったより高いですが、その真価はじきにわかります。

では早速、開封作業に入っていきます。厚紙のパッケージをはがすと、次のような感じになっております。

この手の形状は蒲焼きの缶詰に多いパターンですね。それでは、タブをめくってみましょう。

サバ身は箸でつついたらボロッと崩れるほどほぐれています。ボリューム面は心配でしたが、缶にぎっしり詰まっていてお腹も満たされました。

そして肝心の味ですが、水煮で食べ慣れている方にとっては若干しょっぱく感じるかもしれません。しかし水煮の塩味と大きく違うのは、ご飯と非常に合う点でしょうか。晩御飯にご飯と一緒に並んでいても違和感なくて、個人的にはご飯が進む一缶かなと思います。

千葉産直 焼き塩さば
価格帯(安⇔高)
(3.5)
ボリューム
(3.0)
さばの身
(4.0)
塩味(薄⇔濃)
(4.0)
総合評価
(4.5)

赤羽(Akabane)

ご飯と一緒に美味しく食べたい時、このサバ缶はベストな選択と言えるでしょう。塩っ気は強めですが、鯖の食感といい味付といい、ご飯の味が本当に引き立ちます。

参考文献&引用

# TBS 「マツコの知らない世界」
http://www.tbs.co.jp/matsuko-sekai/archive/20171205.html「2018年7月1日アクセス」