【朗報】サウナに入るだけでエクササイズ並みに心血管が強くなる、かもしれない

その他エクササイズ, その他ストレス対策, 考察編

サウナ≒運動?!

サウナ 運動 血圧 心拍数

今回は「サウナ風呂の効能」についてのお話です。
 
 
サウナと言えば健康なイメージがありますが、実際に発祥の地フィンランドで行われた研究(#1)でも、週にサウナに入る頻度が多いほど心疾患系イベントのリスクや突然死が少なかったという報告が上がっていたりします。
 
 
この他にも心疾患や脳血管疾患など、循環器系に対する効果が結構報告されている感じですね。
 

サウナ風呂はエクササイズ並みに心血管に効く?!

では本題に入ります。サウナ研究で面白かったのが、2019年にマルティン・ルター大学ハレ・ヴィッテンベルクが発表した研究(#2)で、どうやらサウナは中強度くらいのエクササイズと同レベルで心血管に効くようです。
 
 
この実験では、19名の男女(平均46.4±10.2歳)を対象にまずサウナ風呂に入ってもらうというもの。
 
 
サウナの温度は93℃で、時間は計25分間。その後30分ほど休憩期間を置きました。そして各々の時間で血圧と心拍数を測定すると、

 

  • サウナ中は上下の血圧、心拍数ともに上昇していた
  • サウナ後30分の休憩時には徐々に血圧、心拍数ともに低下、サウナ前よりも低くなった

 

こんな結果に。つまりサウナで心拍数や血圧が上がるという事がわかったんですね。これは何となく納得の結果かと思います。
 
 
でこの研究が興味深いのはこの後。サウナ風呂とは別にエアロバイクでも血圧と心拍数でも計測していたんですね。
 
 
するとここから分かったのが、

 

  • サウナと中強度の運動の血圧・心拍数増減効果は似ていた

 

という驚きの事実。つまり両者から得られる心血管強化効能はかなり近いかもしれない、と。
 
 
ただ研究チームも指摘しているように、サウナと運動では実際に筋肉の動きがあるかどうか?が決定的に違います。
 
 
この辺りも踏まえると、実際に心疾患や脳血管疾患リスクに与える効能は微妙に変わってくると見たほうが良さそうです。一応サウナも循環器系への効果は見込めそうですが。
 
 
ということで今回の結果をまとめます。

 

ポイント
  • サウナと中強度の運動が血圧や心拍数に与える効果は似ていた
  • ただ両者の違いとして「筋肉運動があるか」があるので、心疾患に同等の効果があるかは際どい
  • 心血管機能に異常がある方は急な血圧低下の可能性があるので医師に要相談
 

この辺りを押さえておくとよろしいかと思います。

dummy
赤羽(Akabane)

いずれにしてもサウナはリラックス効果はじめ今回のような心血管強化も見込めるので、試してみても良さそうです。私も海外に住んでいた時何度か行きましたが、体が軽くなった気分でした(笑)

参考文献&引用

#1 Laukkanen, T., Khan, H., Zaccardi, F., and Laukkanen, J.A. Association between sauna bathing and fatal cardiovascular and all-cause mortality events. JAMA Intern Med. 2015; 175: 542–548.

#2 S.Ketelhut, R.G.Ketelhut. The blood pressure and heart rate during sauna bath correspond to cardiac responses during submaximal dynamic exercise. Complementary Therapies in Medicine, Volume 44, June 2019, Pages 218-222.