江崎グリコの「クラスターデキストリン」が筋トレ中のカーボドリンクとして最適すぎる件。

2019年3月3日体の仕組み, 筋力トレーニング


以前にも紹介したグリコの「CCD(クラスターデキストリン)」

江崎グリコの「CCD(クラスターデキストリン)」

トレーニング中のカーボドリンクは何がベストなの?」という疑問に答えた前回記事に引き続き、そこでおススメした「CCD(クラスターデキストリン)」を実際に筋トレ中に使ってみた感想をつらつら書いていきます。


 

 

 使ってみての感想

脚トレ ジムトレ
Pexels / Pixabay

あれから毎回ジムや家での筋トレ、その他のトレーニングにも欠かさずクラスターデキストリンを持ち歩きました。それまでは水を飲んでいたので、水と比較してみます。

 

  • トレーニング持久力が半端なく伸びた
  • 各セットの「あと一回…」が挙がるようになった
  • めまいや頭痛も起こらなくなった
  • 味はアクエリアスを薄めたイメージ

 

正直、これ程までとは思っていませんでした。ですが今ではクラスターデキストリンなしではトレーニングができません(笑)私は一時間半の短い時間で音楽プレイヤーやスマホは一切持ち込まず集中的にやるタイプなのですが、終盤まで集中を切らさずに筋肉の動きに意識を保ち続けられています。

イケそうなときは更に一種目増やして2時間程続けたり。水を飲んでいた時は、後半は意地と根性だけでやり切っていてジムトレ後はクラクラで帰っていましたね・・。ということで一応、科学的なデータはまあまあ出ていましたが、身をもってその効果を体感できました
 

 

デザインが新しくなっていた!(2018年3月現在)

江崎グリコ「CCD(クラスターデキストリン)」10ℓ用
裏はこんな感じです。
開封してみました。白い粉(意味深)

そして1パックを使い切ってしまったので新しく注文したわけですが、なんとパッケージのデザインが新しくなっていました。プロテインやアミノ酸系サプリと比べると安く買えるので、これからトレーニングを本格的に始める方、カーボドリングに悩んでいる方は試してみることをおすすめします。

 

 

参考文献&引用

# 山本義徳著『アスリートのための最新栄養学(上)』2017年。