サイトメンテナンスが完了しました!

【見過ごされがち】運動やスポーツの暑さ対策で大切な6つの要素&効果的な戦略とは?

【見過ごされがち】運動やスポーツの暑さ対策で大切な6つの要素&効果的な戦略とは?

赤羽(Akabane)

今回は「運動やスポーツ中の暑さ対策を詳しく掘り下げてみよう!」というお話です。

運動やスポーツの暑さ対策で大切な6つの要素&効果的な戦略とは?

暑さ対策といえば、気温が高い日は体調に気をつけてこまめに水分補給してれば問題ないよね…?

この記事では、暑さ対策について、より見識を深めるのに良さげなレビュー研究を見ていきます。出典は、2020年に南オーストラリア大学とシドニー大学が発表した研究(#1)です。

暑さ対策で重要な6つの要素

まず、暑さ対策では、大きく4つの環境的要素と2つの個人的要素をしっかり考慮する必要があります。

環境的要素

  • 気温
  • 湿気
  • 風速
  • 放射温度(太陽光の熱)

個人的要素

  • 衣服
  • 活動

熱中症予防としては、よく気温や湿気の話は出ますが、風や太陽光まではカバーし切れていないケースが多いように感じますね。これの何処が良くないかと言うと、気温はあくまで日陰での温度を反映したものであって、屋外で過ごす場合の太陽光の熱は考慮されないのですね。

実際に、湿球黒球温度を日陰の気温と比べると、なんと15℃も高くなり得るようで、一概に気温だけで決めつけるのが早計だということがわかります。
* 湿球黒球温度…湿った黒い球体を使って算出する暑さ指数のことで、湿度や太陽光温度、気温を考慮して測定する

また、着ている服の通気性や活動の強度などの個人差も、もちろん重要なカギとなります。気温が高くなくとも、【湿度ジメジメ+通気性悪いウェア+風速低い】というような条件下であれば、人体が熱を上手く体外に放出できず、熱中症を引き起こすリスクは高いといえましょう。

暑さ対策で知っておきたい体の仕組み

次に、人体が暑さに適応するための調節機能の概要をおさらいします。シンプルに見ると、熱中症にかからないようにするには、体内の熱収支を気にした方が良さそうです。

【見過ごされがち】運動やスポーツの暑さ対策で大切な6つの要素&効果的な戦略とは?

体内の熱が効率よく放出されず危険な状態の図。

例えるなら、カロリー収支みたいなもので、体内に入る熱の割合が増える程、体温がどんどん上昇してしまいます。そして度が過ぎれば、体はショートしてしまい、意識を失ったり、最悪の場合死に至ります。(カロリーも増えるほど太り、いき過ぎると慢性病に繋がる)

暑さ対策として組織規模で出来る2つの戦略

次に、暑さ対策として私たちができることを幾つか挙げていきます。ここでは、対環境用に組織規模で出来ることを2つ見ていきます。

組織規模

  • 天気予報などで情報を入手する
  • 独自に設備を整えて暑さ指数を測定する

最近では天気データへのアクセスは誰でも簡単にできますし、費用面の心配もナシ。より正確を期すなら、多少のコストを叩いて専用の機器を取り入れれば尚良しですね。

暑さ対策として個人規模で出来る戦略の評価

最後に、暑さ対策で個人ができる範囲の戦略について。研究チームによると、少なくともオーストラリアでは、個人ができる暑さ対策として「水分補給」や「暑さへの順応」だけが重視され過ぎていると言います。

ここで彼らが強調しているのが、「冷却」の重要性でして、ざっとこんなアプローチが効果的なのでは?と説きます。

  • 冷水の摂取
  • 氷状シャーベットの摂取
  • 冷却用衣服、タオルをあてる
  • ファン(扇風機とか)に体が湿った状態で当たる
  • こまめにゲーム間休憩を挟んで涼む

ただ、注意点として、上記のアプローチは置かれる環境下によっては効果が出なかったり、単体では微妙なモノもあるとのことです。

例えば、冷水や氷状シャーベットの摂取には、体内を冷却する効果は見込めなかったり、ファンに当たる方法は、酷暑下では単体の効果が無い、といった感じです。この辺りのミクロな部分は、現場の監督者たちの力量次第感が否めません。
*ファンの例で言うと、酷暑の中扇風機を回したところで、熱風に当たるようなものなので、他の戦略との組み合わせが必須となる

まとめ

赤羽(Akabane)

暑さ対策では、単に気温や湿度だけでなく、太陽光の熱や風速、衣服、活動の内容などにも気を遣う必要がありそうです。水分補給に関しても、各自のタイミングで摂るというよりは、より科学的なデータを活用した水分補給が大切かと。プラスαで、「冷却」戦略も現場の環境に合わせて試してみると尚良さげですね。

関連記事はこちらもどうぞ

運動中はしっかり水分補給をしないと脳の認知機能が一時的に低下するかも運動中はしっかり水分補給をしないと脳の認知機能が一時的に低下するかも

参考文献&引用

#1 Chalmers S, Anderson G, Jay O. Considerations for the development of extreme heat policies in sport and exercise. BMJ Open Sport Exerc Med. 2020;6(1):e000774. Published 2020 Apr 1. doi:10.1136/bmjsem-2020-000774