サイトメンテナンスが完了しました!

マルハニチロの超代表的な鯖缶『月花 さばみそ煮』を食レポしてみた。【5つ星評価、味】

マルハニチロの看板シリーズ『月花』の通常版みそ煮!

今回はマルハニチロから代表的な『月花 さばみそ煮』を紹介。

このパッケージ、誰しもどこかで見かけたことがあるはず。それほど全国のスーパーではお馴染みの鯖缶なんですね。ちなみにお値段は250円ほどとボリュームの割にかなりコスパがよろしいです。

マルハニチロ さば味噌煮 月花

では早速開封作業に入ります。蓋を開けると缶のボリュームたっぷりに詰まったサバと味噌が。鯖の身も箸で持ち上げてみると1ブロックがデカい!

そして口に運ぶとほんのり感じる味噌の甘さのあとに微かに苦みが。それも「うげっ」となる程ではなく濃いめの味噌と良い感じにマッチしておりました。鯖の身は非常に食べ応えがありましたが、味噌が奥まで浸透しきっていない感が若干ありましたね。

『月花 寒さばみそ煮』との違いは?

マルハニチロ 月花シリーズ

月花シリーズには亜種とも呼べる『月花 寒さば』シリーズもあるのですが、個人的に感じた違いをいくつか挙げてみます。

  • 通常種のほうが通販でも手に入りやすい
  • 脂の乗りで言えばこちらは若干少なめ
  • 味噌のタイプはこちらが香ばしめ、亜種は甘め
マルハニチロ 月花 さばみそ煮
マルハニチロ さば味噌煮 月花 
価格帯(安⇔高)
(3.0)
ボリューム
(5.0)
さばの身
(3.5)
味噌の風味
(4.0)
総合評価
(4.0)

赤羽(Akabane)

以上マルハニチロから最も有名な鯖缶「月花 さばみそ煮」でした。コスパだけでなく圧倒的な食べ応え、味噌と鯖の上品なハーモニーも感じられるので買って損なしの一缶となっております。是非に。