サイトメンテナンス中..詳細はこちら

マルハニチロの超代表的な鯖缶『月花 さば水煮』を食レポしてみた。【5つ星評価、味】

マルハニチロの看板シリーズ『月花』の通常版水煮!

今回はマルハニチロから代表的な『月花 さば水煮』を紹介します。

パッケージだけなら誰しもどこかで見かけたことがあるはず。それほど全国のスーパーではお馴染みの鯖缶なんですね。ちなみにお値段は250円ほどとボリュームの割にかなりコスパがよろしいです。

マルハニチロ 月花 さば水煮 さば缶 味

では早速開封作業に入ります。蓋を開けてみると大きな缶にギッシリ詰まったサバが露わに。箸で持ち上げてみても、かなり1ブロックが大きいのがわかるかと思います。

肝心の味はというと、汁のほうは結構塩味が濃いめ。そして鯖の身は脂がしっかり乗っていて食べ応え+食感の良さがありました。余裕でメインを張れるボリュームに加えて、味も美味しいという才色兼備です。

『月花 寒さば水煮』との違いは?

マルハニチロ 月花シリーズ

月花シリーズには季節によって店頭に並ぶ『月花 寒さば』シリーズもあるのですが、個人的に感じた違いをいくつか挙げてみます。

  • こちらの方が店頭・通販で手に入りやすい
  • 脂の乗りは若干少ない
  • 塩味はこちらの方が気持ち薄く感じた(あくまで主観)
マルハニチロ 月花 さば水煮
価格帯(安⇔高)
(3.0)
ボリューム
(5.0)
さばの身
(4.5)
塩味(薄⇔濃)
(4.0)
総合評価
(4.5)

赤羽(Akabane)

ということで、マルハの代表的な一缶『月花 さば水煮』の紹介でした。栄養も豊富で炭水化物0gというトレイニーにはたまらない一缶となっております。どれを買えばいいか迷ったらとりあえずコレにしておけば間違いないでしょう!