マルハニチロの代表的な鯖缶(亜種)『月花 寒さば水煮』を食レポしてみた。【5つ星評価、味】

2019年3月31日全国のさば缶を食レポしてみた。, 実践編

マルハニチロ「寒さばシリーズ」水煮缶!

今回は鯖缶界の大御所マルハニチロから「月花 寒さば水煮」を紹介します。月花といえばマルハニチロの看板とも言える有名缶ですが、これは’寒’さばなので若干内容も異なっていたり。お値段は通常種と同じで250円程度でして、ボリュームを考えるとかなりコスパがいいのではないでしょうか。

それでは早速開封作業に入ります。蓋の開けやすさは並みでしたが、それよりも圧巻のボリュームに仰天。肝心の中身はというと、塩味が結構濃いめの汁に大きなぶつ切りで無骨な鯖身が佇んでいました。食感も柔らかさは感じず、どちらかというと歯ごたえがある印象。食後の満足度はピカイチです。

 

『月花 さば水煮』との違いは・・?

マルハニチロ 月花シリーズ

さて、ここで気になってくるのが通常種『月花 さば水煮』との違い。ザックリ挙げると寒さば水煮は以下のような点で通常種と違います。
 

  • 通販で全然見かけない
  • 塩味が比較的濃いめ
  • 脂がのったかんじがする

 

ミシュラン5つ星評価は…
『月花 寒さば水煮』
◇総合評価:★★★★☆
◇価格帯(安⇔高):★★★☆☆
◇ボリューム:★★★★★
◇さばの身:★★★★☆
◇塩味(薄⇔濃):★★★★★
◇蓋の開けやすさ:〇
dummy
マケレリスト赤羽

ということで「月花寒さばシリーズ」第一弾でした。寒さば水煮は塩味が濃いめで脂もたっぷりのったイメージで、通常のさば水煮はそれよりかは幾分さっぱりしている印象がありますね。ボリュームに関してはどちらもすごいうえに、コスパ良し、味もかなり美味なのでヘビロテ必至の一缶といえるでしょう。ただし通販では売っていないようなので、お買い求めはお近くのコンビニにて。