「朝型・夜型」の二極化はもう古い?最新のクロノタイプはこの4つだ!

睡眠時間&質の考察

朝型・夜型…自分のクロノタイプを知ろう

クロノタイプ 朝 昼 夜 昼寝

今回は「クロノタイプ(睡眠型)」についての新しいお話です。
 
 
本題の前に「クロノタイプって何?」というところですが、これは睡眠パターンのことで、人によって違うもの。よく聞くのは朝型・夜型みたいなやつですね。
 
 
ちなみにクロノタイプについては過去にも取り上げているので、こちらからお試しいただくと面白いかもしれません。

朝型・夜型はもう古い?新しいクロノタイプはこの4つ!

では本題に入ります。今回はそんな「朝型・夜型」の二極化されたクロノタイプに物申す内容です。
 
 
参考になるのが、2019年にブリュッセル自由大学が発表した研究(#1)。これはチラシやSNSで集められた1305名(男女比2.5:7.5)を対象に、彼らの活動パターンを24時間通して調査したもの。
 
 
具体的には、日中の眠さや睡眠のリズムに関するアンケートだったり、ランダムに指定された時刻に「あなたはどのくらい眠い/シャキッとしているか?」を聞くタスクをやってもらった様子。
 
 
でここから各々の一日を通した活動・睡眠パターンに共通点がないか?を見ていったんですね。
 
 
すると、次の4つのクロノタイプが浮上したようです。

 

4つのクロノタイプ
  • 朝型…朝スッキリで夜が更けるほど眠くなる
  • 夜型…朝眠くて夜スッキリ
  • 昼型…朝も夜も眠いがお昼~夕方でスッキリ
  • 昼寝型…朝も夜もスッキリでお昼頃~昼下がりまでが眠い
 

これまでの朝型・夜型から派生して新たに2つのクロノタイプが発見されました。しかもこうしたパターンは、参加者の性別や年齢別、夜勤など仕事による活動パターン別で見ても確認されたみたいです。
 
 
ただしまだ課題もありまして、

 

  • そもそも対象者の年齢や性別にバラつきがある(女性が大半、など)
  • 睡眠のデータはどれもアンケートなので対象者の主観が混じる

 

この辺りを押さえておくとよろしいかと思います。参加者を色々なカテゴリで分けて調べてくれたのはナイスだけれど、そもそも参加者のタイプに偏りがあるし、睡眠のデータも客観的なモノのほうが信頼できるよね!と。
 
 
では今回の内容をまとめると、

 

ポイント
  • 朝型・夜型の2タイプだとアバウト過ぎるかも
  • 新しいクロノタイプは「朝型・夜型・昼型・昼寝型」
  • 昼型は朝と夜どちらも眠いけど昼に活発
  • 昼寝型は朝も夜も活発だけど昼~昼下がりにかけて眠気MAX
  • まだまだ調査は必要だけど、細かく分類できたことは大きな発見
 

こんな感じでしょうか。ご参考までに。

dummy
赤羽(Akabane)

他だと、ちゃんとした研究から分かったものか?は不明ですが、睡眠のスペシャリスト、マイケル・ブレウス博士が提唱している「4つの動物クロノタイプ(#2)」も面白かったですね。診断が出来るので、興味のある方は是非。

参考文献&引用

#1 Putilov, A. A., Marcoen, N., Neu, D., Pattyn, N., & Mairesse, O. (2019). There is more to chronotypes than evening and morning types: Results of a large-scale community survey provide evidence for high prevalence of two further types. Personality and Individual Differences, 148, 77-84.

#2 Michael Breus,”What’s Your Chronotype ?”,
https://thepowerofwhenquiz.com/accessed on 23 June 2019.