【図解】筋トレの効果を高める必携サプリ「クレアチン」とは?代謝の経路や材料までを解説

サプリメント, 体の仕組み, 栄養成分、物質, 筋力トレーニング, 考察編

【図解】筋トレの効果を高める必携サプリ「クレアチン」とは?代謝の経路や材料までを解説

【図解】筋トレの効果を高める必携サプリ「クレアチン」とは?代謝の経路や材料までを解説

今回は筋トレ界隈では定番の「クレアチン」についてのお話です。
 
 
早速ですが、2018年にペンシルベニア州立大学の医療学校が発表したレビュー研究(#1)を参考に、クレアチンについて細かく見ていきましょう。
 

クレアチンとは?

クレアチンは、3種類のアミノ酸で構成されている窒素有機化合物で、体内ではほとんどが骨格筋に存在している物質です。

 
【図解】筋トレの効果を高める必携サプリ「クレアチン」とは?代謝の経路や材料までを解説
 

体重が70㎏の若い男性であれば、平均で120~140g程度のクレアチン貯蓄があると言われていて、筋肉量なんかで個人差があります。
 
 
食事からの主な摂取源は、牛乳や肉類、魚などでしょうか。動物性食品に豊富で、植物にはほとんど含まれません。
 
 
では次に、クレアチンが3つのアミノ酸を材料にどんな経路で出来るのか?ザックリした流れを見ていきましょう。
 

クレアチンが体内で出来るまで~肝臓や腎臓での代謝を添えて~

さっきも触れましたが、クレアチンは非必須アミノ酸の「アルギニン」「グリシン」と必須アミノ酸「メチオニン」から構成される物質です。
 
 
体内で作られる経緯は、ザっとこんな感じになります。

 
【図解】筋トレの効果を高める必携サプリ「クレアチン」とは?代謝の経路や材料までを解説
 

腎臓で、まず非必須アミノ酸の2つが代謝して「グアニジノ酢酸」という物質を作ります。
 
 
でこれが肝臓に運ばれて、メチオニンが活性化した「S-アデノシルメチオニン」とフュージョンすると、クレアチンが完成するという流れです。
 
 
では最後にクレアチンが筋トレで重宝されるのはどうしてなのか?という点を見ていきましょう。
 

クレアチンは何故筋トレに必要なのか?

この疑問は、筋肉がエネルギーを使って力を発揮する時の仕組みで説明できます。
 
 
高校の生物の授業で触れると思いますが、我々の体は「アデノシン三リン酸(ATP)」という物質が代謝される過程で生まれるエネルギーを使って動いています。つまり、激しい運動をするには体内にたくさんのATPを蓄えておかなきゃいけないわけです。
 
 
ただ蓄えておけるATPには限りがあるので、どうしても「再合成」という経路を上手に活用していかなければいけません。そこでこの経路の一つ「ATP-クレアチンリン酸系」を回すのに欠かせないのがクレアチンなんですね。
 
 
この経路では、安静時にはクレアチンを「クレアチンリン酸」という物質に変換して貯蓄しています。

 
【図解】筋トレの効果を高める必携サプリ「クレアチン」とは?代謝の経路や材料までを解説
 

でいざ筋トレや高強度の運動で大量のエネルギーを消費する際には、即席のエネルギーを作り出すために「クレアチンリン酸」が引き出されます。

 
【図解】筋トレの効果を高める必携サプリ「クレアチン」とは?代謝の経路や材料までを解説
 

簡単に言うと、クレアチンリン酸の代謝によって、再びエネルギー(ATP)を合成して使うことが可能になる、と。貯めておいたお金(クレアチンリン酸)と引き換えにお菓子(ATP)を買う、みたいなイメージでしょうか(笑)
 
 
こうしたクレアチンを引き換えにエネルギーを得る経路は、他の経路と比べてもエネルギーの変換が素早いのが特長です。こうした理由から、筋トレやスプリントなど一気に大量のエネルギーを使うトレーニングではクレアチンがかなり重宝されます。
 

まとめ

では最後に今回の内容をまとめて一気見しましょう。

 

ポイント
  • クレアチンは3つのアミノ酸から構成される窒素有機化合物
  • ほとんどが骨格筋に存在していて、筋肉がエネルギーを使って力を発揮するのに欠かせない物質
  • 特に筋トレやスプリントなど無酸素で急激なエネルギー消費があるスポーツで活躍するかも
 

この辺りは押さえておくとよろしいかと思います。クレアチンについては、ネットで調べても案外広く深く書いているサイトが少ないので、改めて図解してみました。

dummy
赤羽(Akabane)

次回は信頼性の高い研究をザっとレビューして、クレアチンの実際の筋肉への効果を書いていきます。興味のある方は続きも是非。

クレアチンについてはこちらも併せてどうぞ

参考文献&引用

#1 Butts J, Jacobs B, Silvis M. Creatine Use in Sports. Sports Health. 2018 Jan/Feb;10(1):31-34.