サイトメンテナンス中..詳細はこちら

マインドフルネスが効果を発揮するのは「あれ」と「あれ」が揃ったときだ!という新仮説

マインドフルネス 受容 モニタリング

赤羽(Akabane)

今回は「マインドフルネスに大切な要素が2つわかった!」といったお話です。

マインドフルネスが効果を発揮するのは「あれ」と「あれ」が揃ったときだ!という新仮説

まずマインドフルネスという概念についてですが、一言で言うなら“今この瞬間に意識を向けて微妙な心境の変化などを観察する”ことを指します。

マインドフルネスは、特に現代人に足りていない要素だと言われていて、例えば信号待ちで車の信号が赤に変わるのをずっと見ている、といった場合はその瞬間に意識を向けられていない証拠。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。一旦先へ進みます。
マインドフルネス人生の質を高める「マインドフルネス」を鍛える6つのテクニック

マインドフルネスの効果発動条件:フィールドに「モニタリング」と「受容」が存在するとき

といったところで、今回はマインドフルネスについて近年提唱されている「ある仮説」について共有。

これはピッツバーグ大学のエミリー・K・リンゼイ教授とカーネギーメロン大学のデイビッド・クリスウェル教授が唱えている「モニター&受容仮説(Monitor and Acceptance Theory)(#1)」というものでして、ポイントを抜粋しますと、

マインドフルネスはモニタリング(自己観察)だけでは効果を発揮しない。モニタリングと受容の二つが揃ったときにはじめてポジティブな効果をもたらす。[筆者訳]

といった感じになります。モニタリングも受容の精神もマインドフルネスを語るうえでよく出てくるキーワードですが、この両者がそろってないと効果がでないよ、ということらしいんですね。

実際に同研究者らのRCT研究でもその根拠は確認されていまして、ザっと以下のような結果が出ております。

結果
  • 153名のストレス傾向が強い中年男女を3つのグループに分けて15日間のトレーニングを行ったところ、実験後のストレスチェックテストでモニター&受容トレグループのコルチゾールレベルと収縮時血圧が優位に低かった。主観的なストレスレベルはどのグループも程よいレベル(#2)
  • 153名のストレス傾向が強い中年男女を3つのグループに分けて2週間のスマートフォンを使ったトレーニングを行ったところ、実験中一日の終わりに感じるポジティブ感情がモニター&受容トレグループで優位に高かった。実験終了後のポジティブ感情も同様の結果だった。ネガティブ感情はどのグループでも同様に減っていた模様(#3)
  • 153名の成人男女を3つのグループに分けて2週間のスマートフォンを使ったトレーニングを行ったところ、モニター&受容トレグループで孤独感が減って他人とのコミュニケーションが増えた(#4)

どうやら「モニタリング」と「受容」が揃うことではじめて、マインドフルネスはポジティブ感情や孤独、ストレスホルモンに効くみたいです。がしかし敢えてここで気になる点を挙げるとすればこんな問題もあります。

注意
  • どの結果も同じ研究者らの実験からである点
  • コルチゾールレべル以外は参加者の主観的な要素が強い点

今回の結果はマインドフルネスがメンタルに効く仕組みを考えれば納得のいく内容なんですが、やはり色々な研究ラボから同様の結果が欲しいですね。

赤羽(Akabane)

ということでまとめると、マインドフルネスでメンタル改善を狙うなら「モニタリング」と「受容」が肝心ですよ!という内容でした。冒頭で触れたように現代人の多くはマインドフルネスが足りていないように思えるので、心当たりのある方は過去に紹介したテクニックをご参考までに。

関連記事はこちらをどうぞ

マインドフルネス人生の質を高める「マインドフルネス」を鍛える6つのテクニックマインドフルネスで孤独感を和らげて人との繋がりを増やすには「あれ」と「あれ」の組み合わせが肝心

参考文献&引用

#1 Lindsay EK, Creswell JD,”Mindfulness, acceptance, and emotion regulation: perspectives from Monitor and Acceptance Theory (MAT).“,Curr Opin Psychol. 2018 Dec 13;28:120-125.

#2 Lindsay EK, Young S, Smyth JM, Brown KW, Creswell JD,”Acceptance lowers stress reactivity: Dismantling mindfulness training in a randomized controlled trial.“,Psychoneuroendocrinology. 2018 Jan;87:63-73.

#3 Lindsay EK, Chin B, Greco CM, Young S, Brown KW, Wright AGC, Smyth JM, Burkett D, Creswell JD,”How mindfulness training promotes positive emotions: Dismantling acceptance skills training in two randomized controlled trials.“,J Pers Soc Psychol. 2018 Dec;115(6):944-973.

#4 Lindsay EK, Young S, Brown KW, Smyth JM, Creswell JD,”Mindfulness training reduces loneliness and increases social contact in a randomized controlled trial.“,Proc Natl Acad Sci U S A. 2019 Feb 26;116(9):3488-3493.