サイトメンテナンスが完了しました!

【神経症性】内気なナルシシストの怒りっぽさは繊細で脆い性格からきているのではないか?

【神経症性】内気なナルシシストの怒りっぽさは繊細で脆い性格からきているのではないか?

赤羽(Akabane)

今回は「内気なナルシシストが起こりっぽいのは実は繊細だからなのかも?」というお話です。

内気なナルシシストの怒りっぽさは繊細で脆い性格からきているのではないか?

ナルシシストとは、一言で表すと「自分大好き人間」のことでして、ダークトライアド(闇の性格3属性)の一角も担っています。

前提として、ナルシシズムには幾つかの種類があると言われていまして、これから紹介する研究では大きく2つに分けられていました。

  • オバート・ナルシシズム(外向的)…偉ぶってたり注目を引こうとする特性があって、一般的によく言われるタイプ。自己顕示欲が強く、ぱっと見で分かり易い。
  • カバート・ナルシシズム(内向的)…外見上は出しゃばらずシャイで大人しいように見えるが、内心では気取った態度を取っているタイプ。周りからの評価や些細なことを気にしすぎる傾向があって、見た目には分かりにくい。
共通しているのは、「周りにもてはやされたい」「周りからの称賛を受けたい」という強い思いです。違いは、その意識が側から見て分かり易いかどうか?という点や、カバートの方はメンタル的にも不安定になりがちです。
格好つけて気取った奴はみんなナルシスト?自己愛性パーソナリティー障害の【3種類のナルシシズム性向】格好つけて気取った奴はみんなナルシスト?自己愛性パーソナリティー障害の【3種類のナルシシズム性向】

ナルシシズムと怒りっぽさの関係には「神経症性」傾向が干渉。カバート・ナルシシストの方が怒りっぽいことが判明

2020年にワルシャワ大学が発表した研究(#1)によると、ナルシシストの起こりっぽい性分はカバート・ナルシシズムで強く見られ、これは彼らの「神経症性」傾向に起因するのではないか?という結論になっていました。

この研究は、大学のオンライン調査で集めた計544名のデータを対象に、ナルシシズムの怒りっぽさの背景には神経症性が関係しているのでは?という仮説を検証したものです。神経症性とは、ビッグ5性格特性の一角を担う性質でして、この傾向がある人はメンタルの浮き沈みが激しかったり、落ち込み易いと言われています。

調査項目は、オバート・カバートナルシシズム度診断テストや、神経症性度、怒りっぽさの診断ツールなどを使用。そしてこれらの項目がどの程度相関しているのかを分析していきました。

ここまでの内容を踏まえると、「カバート・ナルシシストほどメンタルが不安定で怒りっぽくなるんじゃないの?」と思えますが、結果はやはり以下のようになりました。

結果
  • カバート・ナルシシズム傾向が強い人の方が、オバート・ナルシシストよりも怒りっぽさと強い相関があった
  • カバート・ナルシシズム傾向がそのまま怒りっぽさに関係しているのではなく、その間に神経症性が干渉していた

まとめると、やはりカバート・ナルシシストの方が怒りっぽい性格にあり、この相関にはメンタル面の不安定さが強く干渉している可能性まで示唆されました。

神経症性傾向が強い人は、不安や恥といった負の感情を持ちやすく、またそういった感情に対して防御反応が過剰になりがちだと考えられています。そして、カバート・ナルシシズムにありがちなこうした性質が、彼らを怒りっぽくさせている…と。

とはいえ、過去の研究(#2)では食い違う報告も上がっていまして、オバートとカバートでは同じような攻撃性レベルだとも。この点については、「怒りっぽさ」の測り方の違いが関係しているかもしれません。というのも、件の研究で見ているのは攻撃的な言動などの実際のアクション、一方で今回の研究は怒りっぽい性格かどうかだけを見ています。カバート傾向の人は内気ですので、外側から怒りっぽさを見ただけではあまり分からないかもしれず、この辺の違いが結果の食い違いを生んでいる可能性があります。

注意点・まとめ

ただし注意点もあって、ざっと以下の点は押さえておくと良さそうです。

注意
  • 参加者は若い学生のみ: 一箇所の大学で行われた狭い調査なので、他の年齢層や人種でどこまで一般化できるか分からない
  • 因果関係を裏付けるものではない: 過去のデータから相関を導き出す手法なので、【カバート→神経症性→怒りっぽさ】という因果関係は証明できない

特に、ナルシシズムは年齢とともに弱まる性質であることが分かっているので、年齢によって結果もかなり変わるのでは?と予想されます。

では最後に今回のまとめを見ていきましょう。

ポイント
  • 前提として、ナルシシズムには従来のイメージそのままな「オバート・ナルシシズム」と、そのマインドをうちに秘めていてメンタル面が不安定な「カバート・ナルシシズム」の2パターンが存在する
  • 今回の研究では、カバート・ナルシシストほど怒りっぽい性格であることが判明し、この相関の間には「神経症性」が強く干渉していることが分かった
  • 過去の研究との食い違いもあるが、「怒りっぽさ」というものを測る時に、内部的な性格を見るのか、それとも外部的な言動を見るのか、といったところでも違いが出てくる(カバート・ナルシシストは内気なので、あまり怒りを表面に出さないかもしれない)

赤羽(Akabane)

人間の性格は複雑なもので、ナルシシズムにも色々な種類があるようです。最近では、ちょっとでも冷たい人が居ると「サイコパスだ!」みたいに単純なカテゴライズをしてしまう風潮がある気がするので、個人的にも気をつけようと意識しています。

関連記事はこちらもどうぞ

格好つけて気取った奴はみんなナルシスト?自己愛性パーソナリティー障害の【3種類のナルシシズム性向】格好つけて気取った奴はみんなナルシスト?自己愛性パーソナリティー障害の【3種類のナルシシズム性向】たった1つの質問でナルシストが分かる?! ナルシシズム診断テスト「SINS」をやってみようたった1つの質問でナルシストが分かる?! ナルシシズム診断テスト「SINS」をやってみようナルシズムは年齢と共に変化していく性格であることが判明ナルシズムは年齢と共に変化していく性格であることが判明

参考文献&引用

#1 Maciantowicz, O., Zajenkowski, M. Is narcissistic anger fueled by neuroticism? the relationship between grandiose and vulnerable narcissism, neuroticism, and trait anger. Curr Psychol 39, 1674–1681 (2020). https://doi.org/10.1007/s12144-018-9866-y

#2 Krizan Z, Johar O. Narcissistic rage revisited. J Pers Soc Psychol. 2015 May;108(5):784-801. doi: 10.1037/pspp0000013. Epub 2014 Dec 29. PMID: 25545840.