サイトメンテナンスが完了しました!

魚の健康な油「オメガ3脂肪酸」サプリは心血管疾患の予防に効果あるの?

魚の健康な油「オメガ3脂肪酸」サプリは心血管疾患の予防に効果あるの?

赤羽(Akabane)

今回は「オメガ3脂肪酸のサプリって心血管疾患リスクに効くの?」というお話です。

魚の健康な油「オメガ3脂肪酸」サプリは心血管疾患の予防に効果あるの?

まずはオメガ3って何?というところザっとおさらいしておきましょう。

オメガ3脂肪酸とは?

「オメガ3脂肪酸(ω-3)」は、多価不飽和脂肪酸の仲間で、世間一般では「体に良い油」みたいに認識されています。

牛脂やバターみたいに常温で固形っぽい油じゃなくて、魚の油みたいに液体っぽくなるイメージです。魚の缶詰の煮汁に油が浮いてますが、あれですね。

魚や亜麻仁油、クルミなどに多く含まれていて、「魚が脳に良い!」とされる筆頭の要因として挙げられることが多い栄養素です。近年ではこのω-3を使ったサプリがかなり出回っていて、この前たまたま見かけたCMでは、根拠として「ω-3をマウスに与えたところ脳の機能が改善していた」というのを売りにしていましたね。

魚は苦手な人も多そうですし、きっとサプリで摂れたほうがずっと楽なんでしょう。ただし、その効果は「あまりパッとしない」ようですが..。

オメガ3脂肪酸サプリは心血管疾患の予防に効果があるのか?

2018年にコクランレビューに掲載されたメタ分析(#1)では、79件のRCTから112059名を対象に、ω-3サプリは心血管疾患リスクをどのくらい減らしてくれるのか?を調べています。

実験はモノによって色々なグループが比較されていて、

比較の例

  • ω-3サプリ vs. プラセボ(偽薬)
  • α-リノレン酸豊富な食品 vs. 普通の食事
  • α-リノレン酸豊富な食品 vs. プラセボ(偽薬)

ザっとこんな感じでした。とはいえ大多数は「ω-3サプリ vs. プラセボ(偽薬)」でしたが。

でこうした比較試験が12~72か月の期間で行われて、各グループの心血管疾患発症リスクを追いかけていったんですね。

すると結果、次のようなことが分かりました。

結果
  • ω-3サプリは早死にリスクに効果なし
  • 心血管疾患による死亡リスクや発症リスクにも効果なし
  • 冠状動脈性心疾患や脳卒中、不整脈リスクにも効果なし

まとめると、ω-3サプリは心血管疾患にまつわるあらゆるイベントの予防に効果がなかったようです。

ただ、α-リノレン酸リッチな食品を食べ続けることで、心血管疾患発症や不整脈のリスクはちょっと減るかもしれないみたい。どちらにしてもサプリの効果は微妙だと言えるでしょうが..。

こうした結果は2018年にオックスフォード大学が発表したメタ分析(#2)でも報告されています。10件のRCTから77 917名を対象に、平均4.4年間でω-3サプリの効果を確かめたところ、冠状動脈性心疾患やその他心血管疾患イベントのリスクに効果がなかったのだとか。

まとめ

では最後に今回のまとめを見ていきましょう。

ポイント
  • オメガ3脂肪酸は魚や亜麻仁油、クルミなどに多く含まれる「良い油」
  • サプリの流通もすごいが、心血管疾患リスク全般には効果がなかった
  • 数年単位の長期で沢山の比較実験が発表されていて、この問題については「効果なし」とみて良さそう

こんな感じでしょうか。今回は実験の量と質、実験期間の長さで見てもかなり参考になる内容かと思います。

赤羽(Akabane)

結論、ω-3を摂るなら食事から、ということになりましょう。私のω-3摂取源は「さば缶」「サーモン」「クルミ」辺りです。さばを一食のメインディッシュに、クルミが入ったナッツ類をおやつに食べれば必要量をクリアできます。

オメガ3を豊富に含む優秀な食品はこちら

【※scb】 SSK うまい!鯖 水煮(150g) 缶詰

created by Rinker

参考文献&引用

#1 Abdelhamid AS, Brown TJ, Brainard JS, et al. Omega-3 fatty acids for the primary and secondary prevention of cardiovascular disease. Cochrane Database Syst Rev. 2018 Jul 18;7:CD003177.

#2 Aung T, Halsey J, Kromhout D, et al. Associations of Omega-3 Fatty Acid Supplement Use With Cardiovascular Disease Risks: Meta-analysis of 10 Trials Involving 77 917 Individuals. JAMA Cardiol. 2018 Mar 1;3(3):225-234.