サイトメンテナンス中..詳細はこちら

意志力の科学「ウィルパワー」は本当に使えば使うほど擦り減っていくのか?

意志力の科学「ウィルパワー」は本当に使えば使うほど擦り減っていくのか?

赤羽(Akabane)

今回は「ウィルパワーって一般化できる話なの?」というお話です。

意志力の科学「ウィルパワー」は本当に使えば使うほど擦り減っていくのか?

まずはウィルパワーについてザックリおさらいしておきましょう。

意志力の科学「ウィルパワー」とは?

ウィルパワーは「意志の力」のことで、フロリダ州立大学の社会心理学教授ロイ・バウマイスター氏が提唱した説です。

この説によると、意志力は筋肉のように消耗するものなので、一日のうちに使える上限が限られてくるんですね。

この説は科学的なバックアップも強くて、2010年にメタ分析(#1)も行われています。そして83件の意志力研究をまとめた結果、ウィルパワーは一般化できるものだ、という結論が出ています。

ウィルパワーは本当に一般化できるのか?例外が報告されていた!

ただ、ここ数年でウィルパワーにも例外が報告されるようになってきています。例えば2017年に南洋理工大学が発表した研究(#2)では、ウィルパワーは西洋文化では一般化できるかもしれないけれど、インドでは逆の傾向が見られたよ!との報告が上がっています。

この研究では大きく6つの実験を行っていて、実験ごとにアメリカ人やスイス人、インド人を対象にしたり、文化別に同時に比較したり、とにかく文化や人種の違いでウィルパワーにどんな違いがみられるのか?を調べています。

具体的な内容は、先に脳のリソースを消耗する大変なタスク or 楽なタスクのどちらかをやらせてから、本題のタスクに取り組んでもらってウィルパワーの減り具合をタスクのパフォーマンスで確かめる、という感じが主流でした。

すると実験全体をまとめて、こんな結果になったようです。

結果
  • アメリカ人やスイス人だと大変なタスクをやるほどウィルパワーが擦り減っていた
  • インド人の場合は逆の傾向がみられて、大変なタスクを先にやるほど後のウィルパワーが高まっていた

まとめると、西欧の文化圏ではウィルパワーが擦り減っていく傾向が見られたのに対して、インドでは逆に使うほどウィルパワーが増えていく傾向が見られたんですね。

こうした現象は「リバース・エゴデプリーション」と呼ばれていて、「使えば使うほど、意志力は減っていくものだ」という、従来のエゴデプリーションの考え方とは真逆の意味を持ちます。つまり、エゴデプリーションの考え方は、必ずしも文化横断的に正しいとは限らないということになります。

注意点・まとめ

ただし今回の結果を受けて「ウィルパワーは嘘だった!」みたいに拡大解釈をしないように注意が必要です。西洋の文化では一般化できるエビデンスがある一方、インドだと例外が見られたんだ、という感じで留めておきましょう。

では最後に今回のまとめを見ていきましょう。

ポイント
  • 人間の意志力は、筋肉のように使うほど擦り減る有限の資源だという「ウィルパワー」
  • これまでの大規模分析では西洋の研究がほとんどだったが、インドで検証したら「ウィルパワーは使っても擦り減らない」傾向が見られた
  • ウィルパワーは文化や人種によってかなり左右される可能性が高い

こんな感じでしょうか。こうなってくると、日本人にもウィルパワーって適用できるのか?と思えてきますが、この辺りは今後の研究を待つ他なさそうです。(上で紹介したメタ分析にも日本の研究は含まれていない)

赤羽(Akabane)

ひとまずウィルパワーについては今後の指針がハッキリしましたね。文化圏や人種の違いをもっと調査する必要がありそうです。意志力関連で言えばこんな記事も過去に書いています。興味のある方は続きもどうぞ。

関連記事はこちらをどうぞ

ブドウ糖で口をすすぐだけでやる気が回復する?! 糖分を摂らずにすり減った意志力を取り戻せるかも。

参考文献&引用

#1 Hagger MS, Wood C, Stiff C, Chatzisarantis NL. Ego depletion and the strength model of self-control: a meta-analysis. Psychol Bull. 2010 Jul;136(4):495-525.

#2 Savani, K., & Job, V. (2017). Reverse ego-depletion: Acts of self-control can improve subsequent performance in Indian cultural contexts. Journal of Personality and Social Psychology, 113(4), 589-607.