サイトメンテナンスが完了しました!

平日と週末で睡眠リズムが崩れると脳はどんな影響を受けるのか?

平日と週末で睡眠リズムが崩れると脳はどんな影響を受けるのか?

赤羽(Akabane)

睡眠リズムは大事!と言いつつも、週末は多くの方がつい夜更かしをしてしまったりするのではないでしょうか?今回はそんな平日と休日の睡眠リズムの崩れに関するお話です。

平日と休日で睡眠リズムが崩れると脳はどんな影響を受けるのか?

平日・休日の睡眠の乱れによる影響を睡眠ポリグラフ検査やfMRIで観測する実験

2020年に米国のアルコール依存症に関する国立研究所が発表した研究(#1)によると、平日と休日で睡眠リズムが崩れると安静時の脳の活動が低下したり注意力も落ちることが分かりました。

この研究では、健康な56名(平均44歳)を対象に、ザッと以下のような実験を行なっていました。

  • まずアクチグラフィによる1日の動きのモニタリングを1週間通して行い、就寝時間などのデータを採取する
  • それから注意力を測るテストと同時にfMRI検査を行い、fMRIは安静時のデータも測った。これを1名につき平均7日分データ集計した
  • 1週間の睡眠リズムを参考に、その乱れと脳活動や認知テストの結果がどう関係しているのか?をチェック

ここでの「睡眠リズムの乱れ」は、平日と休日の就寝タイミングのズレ睡眠時間の差に基づいていました。この部分の差が大きいと認知テストや脳の活動にどんな影響があるのだろうか?と。

すると実験の結果、20名で平日よりも休日に睡眠時間が有意に短いことが確認され、こうした人たちと残りの人たちで結果を比べていったところ、以下のようなことがわかりました。

結果
  • 休日にもしっかり寝ている人では、テスト中にデフォルトモードネットワークが不活性化し、注意力が高まっており、安静時の脳活動は高まっていた
  • 逆に休日と平日の睡眠リズムに大きなギャップがあった人では、安静時の脳活動や注意力が低下していた
  • こうした結果は年齢や性別の差を考慮した上で確認された

まとめると、平日と休日で睡眠スケジュールに差がある人ほど脳の活動や注意力が低下していた!ということが判明。逆に週末もしっかり眠っていた人では注意力も高まっており、安静時の脳活動も盛んだったみたいです。

デフォルトモードネットワークは脳の領域の一種でして、ボーッとしている時や創造性が高まるような時に活性化します。悪いものではないんですが、注意力を測るテスト中に活性化してしまうと集中力が下がってしまいますので、今回の結果は注意力を高める方向に働いたと言えます。

注意点・まとめ

ただし注意点もあって、以下の点は押さえておくと良さそうです。

注意
  • サンプルサイズは小さい: 参加者数が少ない分統計的なパワーが弱くなる
  • 今回の参加者は比較的平日と休日の睡眠時間のギャップが少なかった: 全体で平日と休日の睡眠時間に平均30分程度の差しかなく、もっとリズムが乱れる人では違う結果になるかもしれない
  • 逆に休日に早く寝た場合の結果は分からない: 今回の実験では、平日よりも休日にむしろ早寝した人が少なく、このパターンだとどうなるか?まではわからない

では最後に今回のまとめを見ていきましょう。

ポイント
  • 平日と休日で睡眠のリズムが崩れていると普段の脳活動が低下したり、注意力も落ちることがわかった
  • 実験では、休日も平日と変わらずしっかり睡眠をとっていた人は高い集中力が続いており、睡眠リズムのギャップが大きい人は安静時の脳活動や注意力テストの成績も低かった
  • 平日は学校や仕事で規則正しい生活を送りやすいが、週末からの休日にはつい夜更かししたり睡眠リズムを崩しやすいので注意

赤羽(Akabane)

睡眠には十分な量・質だけでなくリズムも大事なことが分かってきていますね。睡眠リズムの乱れは代謝系にも影響を与えるようでして、体型管理のためにもなるべく一定の睡眠スケジュールを守っておいたほうが宜しいかと思います。

関連記事はこちらもどうぞ

【脳、メンタル、運動】睡眠不足がその日のパフォーマンスに与える影響がよく分かる実験結果睡眠負債は日中の活動にどのくらい恐ろしい影響を及ぼすのか?睡眠負債は日中の活動にどのくらい恐ろしい影響を及ぼすのか?夜勤の仕事で満足に寝れないあなたへ「ナイトシフトで睡眠を最適化するルール」夜勤の仕事で満足に寝れないあなたへ「ナイトシフトで睡眠を最適化するルール」

参考文献&引用

#1 Rui Zhang, Dardo Tomasi, Ehsan Shokri-Kojori, Corinde E Wiers, Gene-Jack Wang, Nora D Volkow, Sleep inconsistency between weekends and weekdays is associated with changes in brain function during task and rest, Sleep, Volume 43, Issue 10, October 2020, zsaa076, https://doi.org/10.1093/sleep/zsaa076