自分はもっと賞賛されるべき人間なんだ…闇属性の性格「エンタイトルメント」の5つの特徴とは?

人間心理, 健全な人間関係を築く

自分はもっと賞賛されるべき人間なんだ…闇属性の性格「エンタイトルメント」の5つの特徴とは?

自分はもっと賞賛されるべき人間なんだ…闇属性の性格「エンタイトルメント」の5つの特徴とは?

今回は「人間の性格特性『エンタイトルメント』」についてのお話です。
 
 
エンタイトルメント(Entitlement)というのは、直訳で「資格」ですが、心理学的には「オレはもっと賞賛されるべき特別な人間なんだ…!」みたいに、自分には他人にない特別な何かがあると考える性質のことです。
 
 
本当は、エンタイトルメントにも細かく分けると幾つか種類があるんですが、ここでは一旦全体を通しての話をしていきます。
 

エンタイトルメント気質に見られる5つの特徴

ではエンタイトルメントの5つの特徴を、ざっと過去の研究をベースに見ていきましょう。
 

1. 高い地位や権力を欲しがる

まずはエンタイトルメントといえば!の「社会的ステータス」です。
 
 
2019年にアムステルダム大学が発表した研究(#1)では、5つの調査から2372名を対象にエンタイトルメントと社会的な地位への渇望度合いを調べたところ、エンタイトルメント気質が強いと名声や支配欲と相関が見られたようです。
 
 
こうしたステータスへの渇望がモチベーションに繋がっていればまだいいのですが、残念なことに必ずしもそうならないみたい。つまり、エンタイトルメント気質な人は、場合によってはそう思いこむだけで実際にそうなる為の行動を起こすかどうかは話が別、という事。何とも虚しいですね。
 

2. やられたらやり返す..他人への報復をしたがる

次に集団の中や対人関係での話ですが、エンタイトルメント気質が強い人は「仕返しや報復」をする傾向が確認されたようです。
 
 
2011年にグリフィス大学が発表した研究(#2)では、平均22歳くらいの大学生220名分のアンケートを集めて、2回にわたってエンタイトルメントや他人への報復、感情に関する調査を行った結果、エンタイトルメント気質が高い人は仕返しをする/したがる傾向が見られたんですね。
 

3. 他人と衝突したり揉めやすい

これも何となく分かり易いと思いますが、エンタイトルメント気質が強いと周りとの衝突も多くなるようです。
 
 
2009年にミシガン大学が発表した研究(#3)では、学生らを対象に大きく2つの調査を行ったところ、エンタイトルメント気質の強い人は自分がイメージする通りのゴールに向かって突っ走る傾向が見られて、また対人関係でイラつきやすかったり、敵意を抱きやすいことも分かりました。
 
 
ただ、こうした結果はどれもアンケートで分かったことで、実際にどのくらい人間関係で衝突があるのか?を確認したわけではありませんでした。この辺りを実験するのは正直難しそうですが..(笑)
 

4. 意外にストレスには弱い

ここまでで、エンタイトルメント気質には自信が溢れていて、鋼のメンタルを持ちあわせていそうな印象を受けますが、実は案外豆腐メンタルかもしれないことがわかっています。
 
 
2016年にボーリング・グリーン州立大学が発表した研究(#4)では、エンタイトルメント気質が強い人は、周りが認めてくれないなど自分の期待にそぐわないことがあると、余計にガッカリしたり、自己を脅かされたと感じてしまう傾向にあることが分かっています。
 
 
こうして必要以上に傷ついてストレスを感じるのですが、更に追い打ちをかけるように、この思考パターンは負の連鎖に入ります。現実の自分と理想の自分のギャップを埋めようと、一層エンタイトルメント気質を強化して自分を保とうとする傾向があるみたいです。
 
 
こうなると手に負えなくなって、周りとの関係に溝ができていったり、どんどん孤立していってしまうのかもしれません。
 

5. 「ナルシシズムと似ているけど…?」共通点と相違点

ここまででザッとエンタイトルメントの持つ特徴を見てきましたが、よくある質問が「エンタイトルメントってナルシシズムと似てない?」というもの。
 
 
確かに自分大好きな一面や自分の能力を過信する辺りは似ていますが、2014年の研究(#5)によると、両者にはこんな違いも見られたようです。

 

  • エンタイトルメントは自分の欲求を満たすために他人の協力を求めたり、依存したりする性質と関係していた
  • ナルシシズムにはこの性質と逆の相関が見られた
  • エンタイトルメントには他者に頼らず自分だけで自己投資して能力開発などを満たす傾向も見られた
  • ナルシシズムにはこの傾向は見られなかった

 

つまりエンタイトルメントには、より他人の目や評価を気にするタイプと、ひたすら自分の能力を磨いて自己投資をしまくるタイプが居るということ。後者はむしろ良い特性ですね。
 
 
一方でナルシシズムは周りの目が気になることはあまりなくて、自己投資をしまくるタイプでもなかった様子。こちらは「根拠のない絶対的な自信」みたいなイメージに近いかと。
 

まとめ

では最後に今回のまとめを見ていきましょう。

 

ポイント
  • エンタイトルメントは自分には他人にない特別な何かがあると考える性質
  • 社会的ステータスに目がなく、周りと衝突し易かったり、案外ストレスに弱かったりする
  • ナルシシズムとは共通点もあるが相違点もある
 

こんな感じでしょうか。ちなみにエンタイトルメントは高齢より若年層でより強く見られる傾向だそうで、年齢が影響してくる点は押さえておくと良さそうです。

dummy
赤羽(Akabane)

エンタイトルメントを含めて、人の性格には「9つのダークファクター」があるそうです。これについては過去にまとめてますので、興味のある方は以下の続きもご覧ください。

その他闇属性の性格特性についてはこちらもどうぞ

参考文献&引用

#1 Jens Lange, Liz Redford, and Jan Crusius. A Status-Seeking Account of Psychological Entitlement. Pers Soc Psychol Bull. 2019 Jul; 45(7): 1113–1128.

#2 Kristie Mae Westerlaken, Peter Jeffrey Jordan, Sheryl Gai Ramsay. Does sense of entitlement predict desire for vengeance? 2011.

#3 Scott J. Moeller, Jennifer Crocker, and Brad J. Bushman. Creating Hostility and Conflict: Effects of Entitlement and Self-Image Goals. J Exp Soc Psychol. 2009 Feb 1; 45(2): 448.

#4 Grubbs, Joshua B.,Exline, Julie J. Trait entitlement: A cognitive-personality source of vulnerability to psychological distress. Psychological Bulletin, Vol 142(11), Nov 2016, 1204-1226.

#5 Karen C.Rose, Phyllis A.Anastasio. Entitlement is about ‘others’, narcissism is not: Relations to sociotropic and autonomous interpersonal styles. Personality and Individual Differences, Volume 59, March 2014, Pages 50-53.