お知らせ


ホームページ工事中につき
見づらくなる時間帯があるかもしれません。
3月中には完了するのでご了承ください。


現行の推奨量は測定エラー?ビタミンDは結局一日どのくらい摂ればいいのか?

2019年3月17日サプリメント, 栄養成分、物質

 

 ビタミンDの効果と詳しい情報

これについては前に投稿した「ビタミンDサプリでうつ病が改善する!」というお話で触れていますが、簡単に挙げると次のようなかんじです。
 

ビタミンD2とD3
 

これだけ見ても非常に重要な栄養素の一つであることがよくわかります。しかしこのビタミンD、現行の一般的な推奨量では足りていないんでは?という主張が近年濃厚なんですね。今回はその点をじっくり綴っていこうかと思います。

ビタミンDは本当のところもっと摂ってもよさそう

ビタミンDサプリ 摂取基準

参考は2015年に発表された108もの研究を総結集した論文(#1)でして、どうやら私たちはもっとビタミンDを摂るべきだ!という結論に至ったようです。少なくとも厚生労働省が出した「日本人の食事摂取基準(2015 年版)の概要」のビタミンD摂取基準より更に多く!です。ちなみに日本人のビタミンD摂取基準は…。

 

目安量 耐容上限量
18~70歳以上(男女で同じ) 220IU(=5.5µg) 4000IU(=100µg)

 

このデータを基準に今回の研究を見ていきますと、

 

  • 36の論文から108もの研究を選出
  • 中にはRCTメタ分析や大規模調査など幅広いビタミンD研究があった
  • 血中のビタミンD濃度(正式には血清25OHビタミンD)は50nmol/Lが適切な数値だと仮定している(簡単に言うとビタミンDが肝臓に運ばれた後コレに変化する)
  • 上の数値を目指してビタミンDの適切な摂取量をまとめた
  • ビタミンDの適切な量は次のような参加者群で分けられた
  1. 普通体型の人(BMI18.5〜24.9)
  2. 太り気味の人(BMI25.0〜29.9)
  3. 肥満体型の人(BMI≧30)

 

こんな感じです。要は血清25OHビタミンDが50nmol/Lになるよう適切なビタミンD摂取量を出そう!という流れですね。そして必要になるビタミンDの量は体型で大きく変わってくるので、今回は体型に応じて大きく三つのグループに分けられています。(他にも日光を浴びる量、運動習慣、食生活も大いに影響しますが)とりあえず体型ごとの結果を見ていきますと、

 

  • 普通体型(BMI18.5〜24.9)の人は一日3094IU
  • 太り気味(BMI25.0〜29.9)の人は一日4450IU
  • 肥満体型(BMI≧30)の人は一日7248IU

 

こんな具合に。普通体型の人のビタミンD摂取基準量でさえ、日本の耐容上限量に迫る量(3094IU:4000IU)になっていて、これまでの推奨量と比べちゃうと約14倍多いです。この摂取基準量の大幅な違いについて、研究チームは次のように仰っていました。

今までの摂取推奨量は97.5%の人間にとって十分であるとされてきたが、最近の報告ではビタミンDにおける推奨量の値をたたき出したデータに統計的なエラーが見つかった..となると実際のところどのくらい摂るべきなのかという疑問が生まれるだろう

つまり、世界的に見てもこれまでのビタミン摂取推奨量は少なすぎたんですね。ひとつ疑問があるとすれば、「血清25OHビタミンDが50nmol/Lで適切量だ」という仮定部分でしょうか。とあるウェブサイトによると次のような見解があるようです。

ビタミンD欠乏を評価する上で、25(OH)D濃度が20ng/mL未満の場合を欠乏症20~30ng/mLは不足状態とすることで国内外の見解はほぼ一致している。

「これまでのビタミンD摂取基準値が低く見積もられてて本当はもっと多い」という今回の論文の立場で考えると、この数字も更に高くなるはずです。すると今回定めた50nmol/Lもちょっと少ないのでは?と思ってしまいます。ビタミンD不足扱いされるスレスレの数値ですし…いずれにしても、現状ではビタミンDが全然足りてないことに変わりはないですが。

なんだかんだで結論は、ほとんどの人はビタミンDを今まで以上に摂るべきだということになりますね。しかし新しい摂取推奨量は食事だけで摂るとなると大変なので、サプリで補うことをおススメします。

 

参考文献&引用

#1 Paul J. Veugelers,Truong-Minh Pham,John Paul Ekwaru,”Optimal Vitamin D Supplementation Doses that Minimize the Risk for Both Low and High Serum 25-Hydroxyvitamin D Concentrations in the General Population“,Nutrients,Vol.7,No.12,pp10189-10208,2015.

# 厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015 年版)の概要」
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-10904750-Kenkoukyoku-Gantaisakukenkouzoushinka/0000041955.pdf「2018年3月29日アクセス」

# BMJ「生化学的検査」
http://uwb01.bml.co.jp/kensa/search/detail/3304476「2018年3月29日アクセス」