サイトメンテナンスが完了しました!

健康食品「ナッツ類」で死亡リスクを下げるベストな摂取量はどのくらい?【心臓疾患、がん】

ナッツの健康効果と主な栄養素

ナッツといえば、最近では「毎日のナッツ・豆類で心臓疾患のリスクが下がった!」なんていう信頼性の高い研究を紹介しました。

では実際にナッツってどんな栄養があるの?という疑問については、ザっと挙げるとこんな感じ。

  • 不飽和脂肪酸(オメガ3、オメガ6)
  • 動物性たんぱく質
  • ビタミン、ミネラル類(特にマグネシウム)
  • ポリフェノール各種

良質な油からミネラルまで幅広い栄養素が含まれてますね。ただし脂肪の割合が多く、カロリーの質で言うと微妙なところなので、食べ過ぎもよくありません。

健康になれるベストな一日のナッツ摂取量とは?

となると気になるのが「じゃあ一日どのくらい食べればいいの?」というところ。

この疑問に答えてくれるのが、20ものナッツ類論文を集めた最大規模のメタ分析(#1)。この研究では世界各国の総計80万人近くの参加者を対象にしておりまして、その結果は、

研究の総まとめ!(ナッツ摂取量最多vs最少)

結果
  • 冠動脈疾患のリスクが24%減
  • 発作のリスクが11%減
  • 心臓疾患のリスクが19%減
  • がんのリスクが18%減
  • 総死亡リスクが19%減

1日28gのナッツで…

結果
  • 冠動脈疾患のリスクが29%減
  • 発作のリスクが7%減
  • 心臓疾患のリスクが21%減
  • ガンのリスクが15%減
  • 総死亡リスクが22%減

このように、前回紹介した研究と同じような結果になりました。相変わらず心臓疾患系の病気に強くてビックリですが、そんなナッツの健康効果を引き出すには一日28gくらい食べればよさそうです。

個人的におススメなのは、KALDIの食塩無添加のミックスナッツ。味も上品でつい食べ過ぎてしまうのが玉に瑕ですが..(笑)

赤羽(Akabane)

おやつに菓子パンやスナックを食べている場合は、まず毎日1~2掴み分のナッツに替えてみましょう!健康な食生活への第一歩にピッタリです!

参考文献&引用

#1 Dagfinn AuneEmail, NaNa Keum, Edward Giovannucci, Lars T. Fadnes, Paolo Boffetta, Darren C. Greenwood, Serena Tonstad, Lars J. Vatten, Elio Riboli,Teresa Norat,”Nut consumption and risk of cardiovascular disease, total cancer, all-cause and cause-specific mortality: a systematic review and dose-response meta-analysis of prospective studies“,BMC Medicine,14:207,2016.