高カカオポリフェノールのチョコは慢性疲労症候群を改善する?!

2019年4月1日その他食品, 考察編

 高カカオポリフェノールのチョコが慢性疲労症候群を改善?!

ココア&チョコレート カカオフラバノール ポリフェノール カカオ 健康
stevepb / Pixabay

チョコやココアに含まれるカカオポリフェノールの効能が注目されている昨今、科学的に体に嬉しい色んな効果が報告されています。心臓疾患系やガンに良いとされていたり、糖尿病の予防になるとほぼ確定していたり。

そんな中2010年に発表された研究(#1)によると、高カカオポリフェノールのチョコは慢性疲労症候群を改善するかもしれないという結論が出たようです。研究チームは次のような研究を行いました。
 

  • 参加者は10名、男性6人、女性4人
  • 44~60歳
  • 深刻な慢性疲労症候群の患者
  • 2週間の期間を置いた
  • その上で8週間、1日3回チョコバー(15g)を摂取してもらう
  1. 高カカオポリフェノール(カカオ85%)のチョコバー
  2. 低カカオポリフェノールのチョコバー(ココアバターのみ)

 

研究チームが論文内で言っているように、参加者の数が圧倒的に少ないのが問題ですね。この点で科学的な信頼性はかなり落ちてしまいます。ですので「~かもしれない」程度に留めておくのが良いと思います。結果は次のようになりました。

 

  • 8週間続けたら高カカオのグループで慢性疲労症候群が改善した
  • 低カカオグループではむしろ慢性疲労症候群が悪化した
  • 高カカオの参加者のうち2人はその後職場復帰できた模様

 

同じチョコでもカカオポリフェノールを含んでいるかどうかでこんなに綺麗に結果が分かれたのは面白いですね。サンプル数の問題からやはり信頼性は低いものの、他のチョコ研究と合わせて考えればやっぱり高カカオポリフェノールのチョコは健康によいと言えそうです。

ちなみにカカオポリフェノールだけをしっかり摂りたい方には「カカオニブ」をおススメしています。上記の市販チョコレポ記事にも書いてますが、市販チョコにはほぼ確実に「砂糖」さんが含まれているので摂りすぎると本末転倒になりかねません。

 

 

参考文献&引用

#1 Thozhukat Sathyapalan, Stephen Beckett, Alan S Rigby, Duane D Mellor, Stephen L Atkin,”High cocoa polyphenol rich chocolate may reduce the burden of the symptoms in chronic fatigue syndrome“,Nutrition Journal, Vol.9,No.55,2010.