サイトメンテナンス中..詳細はこちら

謙虚に見せる自慢「ハンブルブラッギング」は逆効果?好感度は下がるわ能力は低く見られるわで散々みたいだ

謙虚に見せる自慢「ハンブルブラッギング」は逆効果?好感度は下がるわ能力は低く見られるわで散々みたいだ

赤羽(Akabane)

今回は「SNSに溢れ返る『ハンブルブラッギング』」についてのお話です。

「ハンブル・ブラッギング(謙虚な自慢)」は他人からの好感度を下げるし能力が低く見られるから止めた方がいいらしい

Humblebragging(ハンブルブラッギング」という言葉があります。これは「控えめな/謙虚な自慢」という意味で、例を挙げるとこんな感じになります。

すっぴん晒します。ブスだけど皆温かい目で見守ってください😌(自撮りアップ)

こうした遠回しな自慢はSNSを中心にあちこちで見かけますが、そもそもどうしてダイレクトに自慢をしないのでしょうか?こうした心理の背景にはこんな気持ちがあるのだろうと察します。

  • 自分のすごいところを皆に自慢したい!シェアしたい!
  • でもあからさまに自慢をするのは品がないし嫌われるよなぁ〜
  • さりげなく控えめなツイートに入れておけば自慢に見えないし皆気づいてくれるよね!

狙いとしては、まず第一に自慢だと思われたくないという気持ちがあります。でも皆からの賞賛も浴びたい…そこで、控えめな感じを醸し出しつつ、自慢したいものをさりげなく入れ込むんだろう、と。

このハンブルブラッギング、一見ダイレクトな自慢よりは印象を悪くしない感じがしますが、実際はさにあらずなようです..。

控えめに自慢する「ハンブルブラッギング」はかえって高感度を下げる?

2018年にノースカロライナ大学チャペルヒル校の研究者らが発表した研究(#1)によると、回りくどい遠回しな自慢は結果として悪い印象を与えてしまうことが判明しました。

この研究では合計9つの実験を行っていて、テーマは「ハンブルブラッギング」は他人からの印象にどう影響するのか?というもの。具体的には以下の流れで実験を進めていったようです。

  • ハンブルブラッギングはどんな場面で見られるのか?
  • ハンブルブラッギングは狙い通り他人に好印象を与えるのか?
  • 不平・文句型と謙遜型、2通りのハンブルブラッギングはそれぞれどんな印象を与えるのか?
  • 人はどんな時にハンブルブラッギングを使いがちなのか?
memo
・不平・文句型…空港着いたら大勢の人が殺到してサインを求めてきた。参ったな…断ればファンの皆をがっかりさせちゃうし、でも急がないと飛行機の出発に間に合わない。どうしたらいいんだ~!
・謙遜型…適当に書いた小説が優秀賞にノミネートされた。神様、僕なんかが選ばれて良いんでしょうか?

不平・文句型は、ブツブツと文句を垂れているように見せかけてさりげなく自慢を入れ込んでいますね。一方で謙遜型も、ダイレクトに「~したんだ!すごいでしょ?」ではなく自分を卑下して見せたりして自慢ではありませんよ?という雰囲気を醸しています。

で具体的な実験内容は、ダイレクトな自慢とハンブルブラッギングでその後の頼み事の承諾率を比べたり、不平・文句型 or 謙遜型のハンブルブラッギングがそれぞれ他人に与える印象をアンケート調査で調べたりといった感じでした。

そしてこうした実験をまとめた結果、以下のような知見が得られました。

結果
  • ハンブルブラッギングは普段の日常生活やSNS、数日の追跡調査でも頻繁に確認された
  • ハンブルブラッギングはかえって好感度を下げてしまい、ストレートな自慢よりも印象が悪かった
  • 他にも能力が低いように見られたり、偽善だと捉えられる傾向も見られた

まとめると、ハンブルブラッギングは本人たちの狙いとは裏腹に、好感度は下がるわ能力は低く見られるわで散々な結果だったんですね。

しかもハンブルブラッギングは思いのほかいろいろな場面で頻繁に目撃されているみたい。インターネットの普及で誰でも情報発信ができるようになった今だからこそ、かもしれないですね。

更に詳しくみてみると、どうやら私たちがハンブルブラッギングをしがちなのは、他人からの「共感」と「賞賛」を一手に受けたいという時みたい。これも納得のいく話かと思います。

注意点・まとめ

ただし注意点として、まだこのテーマの研究は初歩の段階ですので、細かい部分はよくわかっていません。また以下のような課題もあります。

注意
  • 今回は役者が見知らぬ人に話しかけるという実験デザインだったので、今後は近しい関係同士だとどうなるか?などを検証したい
  • ハンブルブラッギングをする人の心理面については調査できていない
  • 自慢する内容や話者の立場などによってハンブルブラッギングが与える印象はどう変わるのか?は分からない

では最後に今回のまとめを見ていきましょう。

ポイント
  • ハンブルブラッギングは「謙虚な自慢」という意味で、控えめな姿勢を見せつつガッツリ自慢を入れ込むこと
  • ストレートな自慢よりも好印象だと思われがちだが、実際にはハンブルブラッギングの方が印象を悪くし、能力も低くみられ、偽善だと捉えられてしまった
  • 私たちがハンブルブラッギングをする時には、「共感」と「賞賛」を同時に受けたいという思いが背景にあるのかもしれない

赤羽(Akabane)

ハンブルブラッギング、私も遠い昔Facebookをやっていた頃に身に覚えがあります…そんなこともあってか、今回の知見は読んでいてむず痒い気持ちになりましたね(笑) 今後も気を付けていこうと思う所存。

関連記事はこちらもどうぞ

SNS メンタル ランキング最もメンタルに悪いSNSランキング!不名誉な断トツ1位に輝いたのは…?SNS依存は「ファビング」への第一歩?論文研究から読み解くユーザーの人間心理SNS依存は「ファビング」への第一歩?論文研究から読み解くユーザーの人間心理SNSで若者のメンタルヘルスが悪化する原因は男女でこんなにも違うらしいSNSで若者のメンタルヘルスが悪化する原因は男女でこんなにも違うらしい

参考文献&引用

#1 Sezer O, Gino F, Norton MI. Humblebragging: A distinct-and ineffective-self-presentation strategy. J Pers Soc Psychol. 2018;114(1):52–74.