【論文レビュー】ストレス解消ハーブ「ロディオラ・ロゼア」の効果や副作用は?サプリの摂取量は?

サプリメント, その他ストレス対策, 栄養成分、物質

ストレス解消ハーブ「ロディオラ・ロゼア」の効果や副作用、サプリの摂取量基準とは?

【論文レビュー】ストレス解消ハーブ「ロディオラ・ロゼア」の効果や副作用は?サプリの摂取量は?

今回は、ストレス解消ハーブ「ロディオラ・ロゼア」の効果や安全性についてのお話です。
 
 
ではまず、ロディオラ・ロゼアって何?というところをザッとおさらいしておきましょう。
 

ロディオラ・ロゼアとは?

ロディオラ・ロゼアは「イワベンケイ」という多年生草の一種で、根っこや根茎がハーブとして使われるアダプトゲンです。
 
 
詳しい効果についてはこの後触れますが、ストレスといえば!というくらいストレスや疲労感への効果が報告されているハーブですね。
 
 
ではここから、ロディオラ・ロゼアの効果について順に触れていきます。 参考は2017年にチューリッヒ大学の教授らが発表したレビュー研究(#1)です。
 

ロディオラ・ロゼア vs. ストレス症状や認知機能

まずは抗ストレス効果やメンタル・認知の容量アップ効果から。この分野についての研究結果を見てみると、

 

  • 50名の健康な男女(30~50歳)を対象に、ロディオラ・ロゼアを一日に2回(200mg)服用する実験を12週間行ったところ、音節区別など注意力タスクでのパフォーマンスが実験が進むごとに高まって、高い認知の容量が必要な状況下でのメンタルリソースが増えた(#2)
  • 56名の若い夜勤医師男女を対象に、 ロディオラ・ロゼアを一日170mg服用する実験を2週間、間を空けて同じ参加者で2週間プラセボ(偽薬)を服用する実験を行ったところ、最初のロディオラ期間でメンタルの疲労感や連想能力、計算や短期記憶といった認知機能全般が改善した(#3)

 

ザっとこんな感じになっています。2011年にも、11件のRCTをまとめた系統的レビュー(#4)が出ていて、全体的にフィジカル&メンタルのパフォーマンスを高めてストレスを軽減してくれるみたいですね。
 

ロディオラ・ロゼア vs. 慢性疲労症状、極度の疲労

では次に疲労対策としての効果についてです。疲労といっても、ここで見るのは「慢性疲労症状」のような重めな疲労ですが。この分野についての研究結果を見てみると、

 

  • 慢性疲労症状持ちの男女100名(18~60歳)を対象に、ロディオラ・ロゼアを一日200mg服用してもらう実験を8週間行ったところ、慢性疲労症状が全般的に改善して、幸福感も高まった(#5)
  • 疲労症候群の項目に該当するバーンアウト患者60名(20~55歳)を対象に、一日288mgのロディオラ・ロゼアを服用してもらって4週間経過を見たところ、バーンアウトのスコアが改善して、集中力などメンタルの調子も上がった(#6)

 

こういった報告が上がっています。こちらも2012年に、11件のRCTや臨床試験を集めた系統的レビュー(#7)が出ていますが、結果は研究によってバラバラ。フィジカルやメンタルの疲労が改善されたりされなかったり、といった際どいラインになっていました。
 

ロディオラ・ロゼア vs. バーンアウト

では最後に、いわゆる「燃え尽き症候群」バーンアウト対策としての効果。この分野に関する研究結果を見ていきましょう。

 

  • 疲労症候群の項目に該当するバーンアウト患者60名(20~55歳)を対象に、一日288mgのロディオラ・ロゼアを服用してもらって4週間経過を見たところ、バーンアウトのスコアが改善して、集中力などメンタルの調子も上がった(#6)
  • 118名のバーンアウト患者を対象に、一日400mgのロディオラ・ロゼアを服用してもらう実験を12週間行ったところ、開始1週間から幾つかの項目が改善し始め、最終的には主観的なストレスやバーンアウトのレベル、気分のスコアなどが有意に改善した(#8)

 

バーンアウトに絞ってみると、実証研究はまだまだ少ない印象です。ストレスやメンタルに効く点を考えると、バーンアウトに効いてもおかしくはないですが。
 

ロディオラ・ロゼアの副作用・安全性は?

ここまででロディオラ・ロゼアのストレスや疲労への効果を見てきましたが、すると気になるのが「副作用はないの?安全なの?」という部分。
 
 
この点については、ヨーロッパの薬用医薬品委員会(#9)によると、大きな副作用や他の薬との干渉も特に報告されていないようです。
 
 
ただし、実証研究はどれも数週間のものなので、年単位での使用についてはまだ様子を見たほうがよさそうですね。
 

まとめ

では最後に今回の内容をまとめます。

 

ポイント
  • ロディオラ・ロゼアは「イワベンケイ」の根や根茎を抽出したハーブ
  • 脳に高負荷な認知タスク(注意・集中力、記憶、空間認知etc)のパフォーマンスアップやストレス、疲労感を中心にある程度改善効果は実証されている
  • 人を対象にした研究をまとめたメタ分析は見たところまだ出ていない
 

ザっとこの辺りを押さえておくとよろしいかと思います。ロディオラ・ロゼアの効果を調べた研究は多いけれど、まだ信頼性の高いデータは出ていない、と。

dummy
赤羽(Akabane)

個人的には、疲労感がすごかったり、気分がモヤモヤして目の前のことに集中できないようなら、とりあえず数週間でも使ってみてもいいのかなと思います。現時点では副作用の報告も些細なもので、かなり安全な部類ですし。以下のサプリが安価で手に入っておすすめです。

定番メーカーから出ているロディオラ・ロゼアのサプリはこちら(iherbかAmazon)

ハーブ関連で併せて読んでおきたい記事はこちら

参考文献&引用

#1 Ion-George Anghelescu, David Edwards,Erich Seifritz & Siegfried Kasper. Stress management and the role of Rhodiola rosea: a review. International Journal of Psychiatry in Clinical Practice, 22:4, 242-252.

#2 Heldmann, M., Roth, G., Dienel, A., & Münte, T. F. (2016). Impact of Rhodiola Rosea extract WS 1375 on electrophysiological correlates of attention allocation in a dual task paradigm. Clinical Neurophysiology, 127, e290.

#3 Darbinyan, V., Kteyan, A., Panossian, A., Gabrielian, E., Wikman, G., & Wagner, H. (2000). Rhodiola rosea in stress induced fatigue-a double blind cross-over study of a standardized extract SHR-5 with a repeated low-dose regimen on the mental performance of healthy physicians during night duty. Phytomedicine: International Journal of Phytotherapy and Phytopharmacology, 7, 365–371.

#4 Shao Kang Hung, Rachel Perry Edzard Ernst. The effectiveness and efficacy of Rhodiola rosea L.: A systematic review of randomized clinical trials. Phytomedicine, Volume 18, Issue 4, 15 February 2011, Pages 235-244.

#5 Y. V. Lekomtseva, I. A. Zhukova, I. A. Tartakovsky. Therapy effects and safety of Rhodiola Rosea extract WS® 1375 in subjects with symptoms of chronic fatigue. The Siberian Scientific Medical Journal, 12, 73–75.

#6 Olsson EM, von Schéele B, Panossian AG. A randomised, double-blind, placebo-controlled, parallel-group study of the standardised extract shr-5 of the roots of Rhodiola rosea in the treatment of subjects with stress-related fatigue .Planta Med. 2009 Feb;75(2):105-12.

#7 Sana Ishaque, Larissa Shamseer, Cecilia Bukutu, and Sunita Vohra. Rhodiola rosea for physical and mental fatigue: a systematic review. BMC Complement Altern Med. 2012; 12: 70.

#8 Kasper S, Dienel A. Multicenter, open-label, exploratory clinical trial with Rhodiola rosea extract in patients suffering from burnout symptoms. Neuropsychiatr Dis Treat. 2017 Mar 22;13:889-898.

#9 European Medicines Agency. (2012). Committee on herbal medicinal products (HMPC). Assessment report on Rhodiola rosea L., rhizoma et radix. Document reference. EMA/HMPC/232100/2011.