WHO(世界保健機関)の健康促進キャンペーン『25×25』の調査で分かった「最も危険な早死にの原因」とは?

2020年2月24日タバコ, 体の仕組み

WHO(世界保健機関)の健康促進キャンペーン「25×25」

(#1)より引用。

まずは本題に入る前に「WHOの25×25って何ぞや?」という部分に簡潔に触れます。これは、来たる2025年までに心臓疾患による早死に(70歳未満の死)の割合を25%減らそう!という試みなのだとか。具体的にどうするのか?は大きく6つの方面からアプローチをかけるようです。
 

25×25の6つのアプローチ
・アルコール摂取を10%減らす
・運動不足を10%減らす
・塩分/ナトリウムの摂取量を30%減らす
・喫煙率を30%減らす
・高血圧を25%減らす
・糖尿病や肥満を0%増やす(これ以上増やさない)
 

これらの要素はこの後も出てくるので軽く把握しておくと後の内容も入ってきやすいかと思います。
 

ランセット掲載論文が解き明かす「最も危険な早死にのリスク要素」

では本題に入ります。実際にこのキャンペーンと早死にリスクの関係を調べてくれている研究がありまして、今回はその内容を見ていきましょう。
 
 
これは2017年のメタ分析(#2)で、25×25キャンペーンで唱えられている心疾患のリスク要素たちが早死にリスクにどのくらい寄与しているか?を調べたもの。
 
 
ザっと中身を覗いてみると、
 

  • 48の前向きコホート研究(観察研究の一種)を精査
  • 1751479人が対象(男性:46%,女性:54%、平均47.8歳)
  • 7つの国が対象..イギリス、フランス、スイス、ポルトガル、イタリア、アメリカ、オーストラリア
  • 以下の7つのメジャーと総死亡リスクの関係を調査した
・社会的ステータス(経済力)
・アルコールの大量摂取
・運動不足
・喫煙
・糖尿病
・肥満
・高血圧
 

このような感じでした。かなり大規模な研究ですが、比較的高収入な国が多め。そして今回調査される項目は、どれも『25×25』キャンペーンでアプローチをかける要素ばかり。社会的ステータスについては、低いvs高いで比較したようです。では、実際これらの危険因子はどれ程危ないのでしょうか?結果を見てみましょう。
 

男女別早死にのリスク一覧

  • 低い社会的ステータス…男:42%アップ、女:34%アップ
  • アルコールの大量摂取…男:50%アップ、女:69%アップ
  • 運動不足…男:60%アップ、女:58%アップ
  • 喫煙…男:117%アップ、女:102%アップ
  • 糖尿病…男:69%アップ、女:88%アップ
  • 肥満…男:4%アップ、女:17%アップ
  • 高血圧…男:30%アップ、女:28%アップ

 

「喫煙」が不名誉な王座に選ばれ、次いで「糖尿病」が2位という結果に。そして面白いことに「肥満」がそれ程危なくないように見えますが、これに関して研究者らは次のように言っています。
 

肥満と総死亡リスクに大した相関が見られないのは、恐らく元々肥満だった人々が減量してから死に至り、その結果「肥満」と「死」の相関が低く見積もられているのかもしれない。(#2)

 
実際に、こうした統計の穴は肥満の研究にはよくあること。例えば、2013年のメタ分析(#3)でも、太り気味のほうが標準体型よりも総死亡リスクが6%低かった!という肥満体系ガッツポーズな結果が出ましたが、その実「体重の移り変わり」を考慮していなかったということが。
 
 
そして研究結果に戻りますと、40~85歳を対象に更に細かい測定を重ねた結果、各要素がどのくらい寿命を縮めるのか?という興味深い内容も出してくれていました。ザっと以下通り。

 

「寿命が~年縮むのに等しい」編

  • 低い社会的ステータス…2.1年縮む
  • アルコールの大量摂取…0.5年縮む
  • 運動不足…2.4年縮む
  • 喫煙…4.8年縮む
  • 糖尿病…3.9年縮む
  • 肥満…0.7年縮む
  • 高血圧…1.6年縮む

 

見たところ、やはりタバコは真っ先に断ったほうが良さそうですね。で残りはファストフードなどの生活習慣病の大きな原因を減らしつつ、適度に体を動かしていればかなり対策はできるかと思います。

dummy
赤羽(Akabane)

ということで結果は「喫煙」が圧倒的に幅を利かせていた!と。当ブログでも「喫煙を今すぐにキッパリやめるべき理由」を取り上げましたが、やはり早く断つべきモノみたいです。その他も食事や運動面に気を付けつつ対策していったほうが良さそうですね。

参考文献&引用

#1 the World Heart Federation,”Global CVD Roadmaps”
http://www.cvdroadmaps.org/about/25×25 accessed on the 9th of Sep 2018.

#2 Dr Silvia Stringhini,Cristian Carmeli,Markus Jokela,Mauricio Avendaño,Peter Muennig,Florence Guida and more,”Socioeconomic status and the 25 × 25 risk factors as determinants of premature mortality: a multicohort study and meta-analysis of 1·7 million men and women“,THE LANCET,VOLUME 389, ISSUE 10075, P1229-1237, MARCH 25, 2017.

#3 Flegal KM, Kit BK, Orpana H, Graubard BI,”Association of all-cause mortality with overweight and obesity using standard body mass index categories: a systematic review and meta-analysis.“,JAMA. 2013 Jan 2;309(1):71-82.