お知らせ


ホームページ工事中につき
見づらくなる時間帯があるかもしれません。
3月中には完了するのでご了承ください。


緑茶やココアのポリフェノール「フラバノール(カテキン類)」は脳を若返らせる効果がある?!

2019年2月6日健康食品あれこれ, 栄養成分、物質

 

 ポリフェノールの一種「エピカテキン」「ココアフラバノール」

webサイト「お茶百科」より引用

まずはエピカテキンとは何ぞや、ということでとても分かりやすい説明がお茶百科さんで見当たったので引用します。

カテキンは、ポリフェノールの一種で、昔からタンニンと呼ばれてきた緑茶の渋みの主成分です。

茶葉中に形の違う4種類のカテキンが存在しています。

  • エピカテキン
  • エピガロカテキン
  • エピカテキンガレート
  • エピガロカテキンガレート

また、お茶飲料を製造する工程の中で、加熱処理を行うことで一部形が変化します。

  • エピカテキン⇒カテキン
  • エピガロカテキン⇒ガロカテキン
  • エピカテキンガレート⇒カテキンガレート
  • エピガロカテキンガレート⇒ガロカテキンガレート

ココアフラバノールについてはこちらで説明しています。簡単に言えばエピカテキンはこのココアフラバノールの一種なのですが、これから紹介する研究では一緒に並んで登場します。ですので2つは同じもの、という解釈で大丈夫だと思います。

 


バナー

 

エピカテキンとココアフラバノール摂取と脳の認知機能の関係を調べた研究

課題
Pexels / Pixabay

コロンビア大学の教授らが2014年に行ったRCT(ランダム化比較実験)研究(#1)によると、緑茶やココアなどに多く含まれるエピカテキンやココアフラバノールを多めに摂取すると脳の認知機能が改善するようです。研究概要は以下の通りです。
 

  • 総参加者は37人の男女
  • 年齢層は50~69歳の高齢者
  • 実験期間は3ヵ月、グループ分けは次の通り
  1. フラバノール多量×エアロビクスやる(8人)
  2. フラバノール少量×エアロビクスやる(9人)
  3. フラバノール多量×エアロビクスやらない(11人)
  4. フラバノール少量×エアロビクスやらない(9人)
  • 多量というのは{ココアフラバノール900mg、エピカテキン138mg/日}
  • 少量というのは{ココアフラバノール10mg、エピカテキン2mg/日}
  • エアロビクスは週4時間、1日1時間
  • その後fMRIで脳を観察

 
因みにサンガリアの「あなたのお茶」で一本200mgの天然緑茶カテキン(ポリフェノールの一種)が含まれています。エピカテキン=カテキンと考えてもらってOKです。つまりこれ一本で「多量」グループの仲間入りです。

サンガリア あなたのお茶 緑茶
サンガリアの「あなたのお茶」500㎖ペットボトル

ココアフラバノールはこちらのチョコを5枚食べれば大体900mgになります。

明治 チョコレート 高カカオポリフェノール カカオ95%
明治の「チョコレート効果カカオ95%」
 

研究方法としてはなかなか信頼が置けますが、参加者が少なめなのが惜しいところ。ちなみに今回観察した海馬についてはこちらをザっと見するとよろしいかと思います。

今回はその中でも歯状回と言う部位を見たようですが、ココは最も老化の影響を受けやすい部位だとされるからなんですね。この実験の結果は以下の通り。

 

  • 1の認知テストではフラバノール多量グループが好成績をおさめた
  • 2の認知テストではグループ間の違いはなかった
  • フラバノール多量グループ間で脳の海馬の血流が増していた
  • エアロビクスの有無では変化がなかった

 

まとめると、フラバノールを多く摂取したグループではその後の認知機能の向上が見られて、脳の海馬の一部である歯状回や海馬台で血流も盛んに流れていたみたいです。このことから認知機能が改善したと考えられるでしょう。ところがそのメカニズムは未だ確証できず、研究チームは次のように言っていました。

fMRIで見られた海馬周辺の血流が良くなったことが認知テストの成績に好影響をもたらしたのかもしれない。

dummy
赤羽(Akabane)

結論として「ココアフラバノール」「エピカテキン」が豊富に含まれている緑茶やココア、高カカオのチョコレートなんかは脳の認知機能の改善に一役買ってくれそうです。

 

 

 

参考文献&引用

# Adam M Brickman , Usman A Khan , Frank A Provenzano, Lok-Kin Yeung, Wendy Suzuki, Hagen Schroeter, Meianie Wall, Richard P Sloan, Scott A Small,”Enhancing dantate gyrus function with dietary flavanols improves cognition in older adults“,Nature Neuroscience,Vol.17,No.12,pp1798-1803,2014.

# お茶百科「お茶の成分と健康性 カテキン」
http://www.ocha.tv/components_and_health/benefits_greentea/catechin/「2018年3月13日アクセス」

# Wikipedia「海馬」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E9%A6%AC_(%E8%84%B3)「2018年3月13日アクセス」