【アプリ画面&最新機能も追加!】睡眠、ストレス度を測れるガジェットリング「Oura Ring(オーラリング)」は科学的に使えるのか?

2019年9月30日実践編, 快眠テクニック& グッズ, 考察編

睡眠、ストレス度を測れるガジェットリング「Oura Ring(オーラリング)」とは?科学的な評価は?

オーラリング Oura Ring 睡眠 ストレス 体温
#1より引用

今回は「毎日の睡眠・ストレス度を測れる『オーラリング』」についてのお話です。
 
 
睡眠やストレスは美容・健康にかなり大事なので、着けるだけで計測できる良いガジェットはないか..?とずっと思ってきました。そんな時「これだ!」と思ったのがフィンランド発のガジェットリング『Oura Ring』です。
 
 
私はシルバーのリングを日頃から着けっぱなしだったので、その点もかなり魅力的でありましたが、重要なのはそこではありません。このリングには他にはない優れた点が幾つかあるので、今回はオーラリングの機能やアプリ画面、新機能などをザっと紹介していきます。
 

『Oura Ring』のすごい性能

#1より引用

まずは簡単な使い方ですが、このリングの内側にはセンサーが搭載されていて、専用のスマホアプリと連携しています。そして以下のような体の変化を計測して、専用アプリのほうで逐一チェックできるようになっています。
 

睡眠時間、質を計測できる

実際の入眠時間から起床時間までがわかります。アプリでは睡眠を総合で採点して100点満点で出来を割り出してくれるので、一目で睡眠の良し悪しが分かって便利ですね。

【アプリ画面&最新機能も追加!】睡眠、ストレス度を測れるガジェットリング「Oura Ring(オーラリング)」は科学的に使えるのか?

安静時の心拍数がわかる

ストレスの度合いなどを示す一つの指標、心拍数がわかります。アプリでは、睡眠時の心拍数の遷移がきれいなグラフで表示されるのでかなり見やすいです。

【アプリ画面&最新機能も追加!】睡眠、ストレス度を測れるガジェットリング「Oura Ring(オーラリング)」は科学的に使えるのか?

心拍変動を測定できる

そして個人的に注目しているのがこの心拍変動を測れる機能。何せ2018年に発表されたメタ分析(#2)でも、心拍変動はストレスの変化をかなり正確に反映していることが分かっていたり。
 
 
実際のアプリ画面では、「Readiness(回復度)」として前日の晩からの体の回復度を100点満点で表示してくれるので非常に見やすいです。

【アプリ画面&最新機能も追加!】睡眠、ストレス度を測れるガジェットリング「Oura Ring(オーラリング)」は科学的に使えるのか?

深部体温の変化が計測できる

体温にもストレス変化はよく表れます。睡眠時に心拍数が高まってたりすると、決まってこの体温も同時に高まってたりします。
 
 
実際にアプリ画面の回復度を表す「Readiness」の数値も、睡眠中の深部体温が十分に下がっていないと低めに出てしまいますので、前日のストレスを持ち越してないか?を見たいときに欠かせない指標になります。

【アプリ画面&最新機能も追加!】睡眠、ストレス度を測れるガジェットリング「Oura Ring(オーラリング)」は科学的に使えるのか?

一日の活動量もトラッキングしてくれる

ここまでは睡眠・ストレスの数値でしたが、オーラリングは一日の活動量も計測してくれます。定番の「歩数」や「燃えたカロリー(kcal)」「距離(km)換算でどのくらい動いたか?」まで色々追跡してくれています。
 
 
正直この指標はあまり参考にしていませんが、「一日の間に動いていない時間」あたりは意外にチェックしますね。あまりに長すぎたら、「よし、ちょっと運動に行こう..!」と思えたりして有難いですよ。

【アプリ画面&最新機能も追加!】睡眠、ストレス度を測れるガジェットリング「Oura Ring(オーラリング)」は科学的に使えるのか?

新機能:快適な瞑想&リラックスのサポートをしてくれる

最後に最近追加された新機能「瞑想サポート」です。これは「マインドフルネス瞑想」のガイド付きやリラクゼーションに使える自然音などが搭載された機能で、お好みで選べます。

【アプリ画面&最新機能も追加!】睡眠、ストレス度を測れるガジェットリング「Oura Ring(オーラリング)」は科学的に使えるのか?

ガイドは英語なので、分からない方はガイド無しでもOKかと思います。で大事なポイントですが、この瞑想タイム中はなんと心拍数を測ってくれます。つまり瞑想でどのくらい心が落ち着いたか?も分かり易くなっている、と。
 

スタンフォード大学の研究機関が効果を検証。

課題
Pexels / Pixabay

ここまででオーラリングの大体の仕組みや機能、アプリ画面が分かりました。すると次気になるのが「効果とか精度ってどうなの?」というところ。
 
 
この問題については、スタンフォード大の研究機関が2017年に発表した研究(#3)をが参考になって、正に『Oura Ring』の精度が「睡眠ポリグラフ検査」と比べていかほどなのか?を調べてくれています。
 
 
睡眠ポリグラフ検査とは、睡眠障害の診断にも使われるいわば「睡眠計測のゴールドスタンダード」です。同じように睡眠時の脳波や呼吸なんかを追跡してくれて、これと比べたらオーラリングの精度はどうなんだろうか?という点の比較をしてました。
 
 
実験は41人の健康な大人と若者(平均17歳くらい)を対象に行われて、期間は一日。そしてこの結果、こんなことが分かりました。

 

  • Oura Ringは睡眠時間を96%の精度で測定できていた
  • 浅い睡眠は65%、深い睡眠は51%、レム睡眠は61%の精度

 

まとめると、オーラリングは睡眠の検査に使うポリグラフィの96%の精度を叩き出して、睡眠のステージもそこそこの精度で測定できている!という感じです。当然、これだけだと「数日にわたってどのくらいの精度で測れているのか?」とかは分かりませんが、ひとまずは上々の結果かと思います。

dummy
赤羽(Akabane)

まとめると、オーラリングは30000~35000円という値段に見合うかそれ以上の機能を持っています。注文しても届くまで滅茶苦茶かかったので、気になる方はお早めに!無料サイズキットのレビューや届いたときのレビューは以下で紹介しています。

※2018/08/07 追記

※2018/12/16 追記

※2019/2/3 追記

参考文献&引用

#1 『Oura Ring HP』
https://ouraring.com/「2018年6月20日アクセス」

#2 Kim HG, Cheon EJ, Bai DS, Lee YH,Koo BH,”Stress and Heart Rate Variability: A Meta-Analysis and Review of the Literature.“,Psychiatry Investig,15(3):235-245,2018.

#3 de Zambotti M, Rosas L, Colrain IM, Baker FC,”The Sleep of the Ring: Comparison of the ŌURA Sleep Tracker Against Polysomnography.“,Behav Sleep Med.Vol.21:1-15,2017.