筋トレは認知機能を向上させてくれるのか?をガッツリ調べたメタ分析が登場。

ブログ運営者が考察してみた。, 体の仕組み, 筋力トレーニング

運動で脳は若返る!

ランニング 長生き 健康

当ブログではアンチエイジングの最重要ポイントとして運動をお勧めしております。というのも運動は体内の炎症に効いて全身が若返るだけでなく、脳のエイジングにもいいことが分かっているんですね。過去にもこんな記事を書いていたり。

 

筋トレは脳の認知機能アップや衰えに効くのか?

運動 脳 筋トレ 認知機能

といったところで、今回は「筋トレに限っていうと脳の認知機能に効果はあるの?」という際どい部分について良い論文が出ていたので共有。これは2019年にアラバマ大学バーミンガムの教授らが発表したメタ分析(#1)でして、筋トレは高齢者の認知機能に効くのか?を調べてくれています。

結論から言ってしまうと、筋トレも認知機能改善&衰え防止に効果アリでした。ただ今回の研究ではもっと細かいところまで調べてくれております。ザっと中身を覗いてみますと、
 

  • 24件の筋トレ研究を精査
  • 1件(平均年齢20.1歳)を除いて、参加者は平均年齢50歳以上の高齢者
  • 10件の研究で認知機能に何らかの障害*を抱えている参加者が対象
  • 実験期間は4~96週間(平均16週間)で筋トレは大半が週2~3回の頻度で行われた
*認知機能の障害
 

こんな感じです。実はこうして筋トレに絞って脳への効果まとめてくれている研究はあまりなかったもので、かなり有難い内容であります。そして重要なポイントとして、当研究では「認知機能」を細かく4つに分けていました。
 

  • 全般的な認知機能のテストスコア
  • 認知機能の衰え具合
  • 実行機能
  • ワーキングメモリ(短期記憶)

 
筋トレがこれら4つにそれぞれどれ程の効果があるのか?を調べたんですね。ちなみに実行機能とは、先を見据えて計画を立てたり、セルフコントロールに大事な脳の機能で、ワーキングメモリは短期の情報処理能力のこと。これら認知機能と筋トレの関係を調べたところ、こんな結果に。

 

  • 全般的な認知機能テストのスコアがかなり改善!(SMD:0.71,95%CI 0.30–1.12)
  • 認知機能の衰えも大きく改善!(SMD:1.28,95%CI 0.39–2.18)
  • 実行機能もまあまあ改善!(SMD:0.39,95%CI 0.04–0.74)
  • ワーキングメモリには効果なし!(SMD:0.151,95%CI −0.21-0.51)

 

ここから、筋トレは認知機能全般に効く!と言えそうです。ただし今回ワーキングメモリ(短期記憶)の改善効果は見られませんでした。

更にもう一点。今回の結果は全体的にポジティブな結果が出ていたものの、研究によって効果の差が大きかったです。つまり筋トレは上に挙げた三つの認知機能に効果自体は見込めるんですが、具体的な効果の大きさはハッキリと断言できないんですね。

dummy
赤羽(Akabane)

まとめると、筋トレに認知機能改善効果は期待しても良さげ。ですが認知機能の種類ごとにどれくらい効果があるのか?はまだハッキリしません。認知機能改善目的で筋トレをされる場合は、週2~3回ペースでゆっくりやっていくとよろしいかと思います。

 

参考文献&引用

#1 Landrigan JF, Bell T, Crowe M, Clay OJ, Mirman D,”Lifting cognition: a meta-analysis of effects of resistance exercise on cognition.“,Psychol Res. 2019 Jan 9.