「筋トレ」でメンタルを救え!”見た目”だけでなく”不安”まで改善してしまう最強の運動

2019年4月6日その他ストレス対策, 筋力トレーニング, 考察編

運動全般に不安解消効果があるのは科学のお墨付き

運動 エクササイズ アンチエイジング 炎症

当ブログではアンチエイジングとして手っ取り早く“運動”を推奨しております。というのも運動全般には不安を解消する中くらいの効果がある!というほぼ間違いなしのメタ分析(#1)が出ていたりするんですね。そして、不安などの慢性的なストレスは体内の炎症に繋がって老化が早まってしまうので、これを防ぐ意味だけでも十分やる価値があるかと思います。

では「筋トレ」にも不安解消効果はあるのか?

ベンチプレス 筋トレ ジム

そこで気になるのが「じゃあ“筋トレ”には不安解消効果はあるの?」という部分。何せ、見た目がカッコよくなるうえに不安解消効果も見込めるならいよいよ筋トレを始めない理由がないですからね。この問題については、2017年に発表されたメタ分析(#2)が参考になります。その内容はザっと以下の通り。
 

  • 16のRCT研究を精査、総勢922名の参加者(男女比3:6、43±21歳)
  • 期間は2~16週間
  • 参加者は以下の2グループに分けられる
1.筋トレをするグループ
2.何もしないグループ
 

サンプル数としては少なめなものの、強固な科学的根拠になり得るRCT研究のみの精査である点で結構信頼性は高め。結果はこんな風になりました。
 

  • 筋トレは不安解消に小~中程度効果があった![効果量:0.31(0.17~0.44)]
  • メンタルに病を抱えてる人より健康な人のほうが効果が高かった
  • 性別、年齢、期間、トレーニングの長さ、頻度、強度は結果に関係なかった!

 
なかなかの効果です。ちなみに効果量というのはそのまま“効果の大きさ”と捉えていただいて大丈夫です。これが0.7とかを超えると効果大!となりますが、今回は0.31とまあまあの結果。更にこれが筋トレの強度や頻度に関係がないというのがポイントでして、つまりちょっと筋トレするだけでも不安解消効果に関しては期待できるということ。これは有難い。

dummy
マケレリスト赤羽

ということで筋トレのメリット“不安解消効果”についてでした。筋トレというと屈強な男のイメージが強いですが、実際はメンタルまで鍛えてくれるんですね。ビッグ5性格診断でいうとこの「神経症傾向」が強い方は特に、まずは簡単な腕立てや腹筋から始めてみてはいかがでしょうか。私も週3くらいでやっております。

参考文献&引用

#1 Bradley M Wipfli,Chad D Rethorst,Daniel M. Landers,”The Anxiolytic Effects of Exercise: A Meta-Analysis of Randomized Trials and Dose–Response Analysis“, Journal of Sport & Exercise Psychology 30(4):392-410,2008.

#2 Gordon BR, McDowell CP, Lyons M, Herring MP,”The Effects of Resistance Exercise Training on Anxiety: A Meta-Analysis and Meta-Regression Analysis of Randomized Controlled Trials.“,Sports Med. 2017 Dec;47(12):2521-2532.