肥満の原因がよくわかる『セットポイント理論』に学ぶ「どうして人は太るのか?」

2019年4月14日体の仕組み, 栄養成分、物質, 考察編

どうして人は太るのか?

肥満 セットポイント理論

今回は「どうして人は太るのか?」というテーマについて少々書いていきます。と言ってもいきなり身も蓋もないですが、最も大きな原因は食べ過ぎ(カロリーの摂りすぎ)が有力です。過去に行われたメタ分析でも、「糖質制限も低脂肪ダイエットもカロリー摂取を揃えたら結局同じくらい痩せた!」との結論が出ていますし、まず前提としてカロリーの摂りすぎには気をつけたいところ。

※クッシング病や橋本病など、体の異常で太る場合は例外。
dummy
赤羽(Akabane)

だってお腹が空いちゃうんだもん、しょうがないでしょうに…

 
こんな風に思われる方もいるでしょうが、ではどうして現代人はこんなにも食べ過ぎてしまうのでしょうか?その根本が分かれば少しは予防線も張れるというものですが..


 

体型の管理は脳の役割!『セットポイント理論』

セットポイント理論

そこで参考になるのが、2017年のレビュー論文(#1)でして、お題は『肥満は脳のせい!ヘドニックとホメオスタシスのメカニズムの融合』みたいな感じ。この研究では『セットポイント理論』というのが登場するのですが、これは簡単に言うと次のような理論なんですね。

ヒトの体型は本来遺伝によって決められた脳のセットポイントによって管理されている。このポイントを超えれば自然と脂肪を減らすように仕向けるし、下回ればもっと食べるように体に促す。

セットポイント理論

実際にセットポイントを支持する研究も結構出ておりまして、例えば面白いのが1971年の研究(#2)。この研究では普通体型の囚人7名を対象にそのうち5名に一日10000kcalも食べさせるというヤバいことをしておりまして、結果はこんな風になったといいます。

・元の体重の15~25%(平均16.2kg)太った。
・しかし実験が終わるとみるみる体重が落ちていった。
結果的にはほぼ元の体型&体重に戻った
・普通にしていた他の2名は変化なし。

正にセットポイントを象徴するような結果ですが、こうした正常な状態をキープするのを好む性質をホメオスタシス(#3)と言いまして、食後に上がった血糖値をインスリンが下げようとするのも正にコレ。

dummy
赤羽(Akabane)

じゃあなんで現代では太っている人が多いんだろう?

 
本来はこうした脳の制御が働いていて、食べ過ぎをセーブしてくれています。ですが、ふとした時にこの制御が効かなくなってしまうことがあるんですね。それがずばり、ヘドニック(快楽)のシステムが暴走した時です。これは脳の報酬系という回路が司っているシステムでして、快楽ホルモン「ドーパミン」の分泌に関わっていたり。これが暴走すると食欲が止まらなくなってしまい、食べ過ぎに繋がるのですが、その要因にはザっと次のようなモノが挙げられております。
 

味の良いカロリー密度が高い食品の増加

大昔には存在しなかったファストフードやスナック菓子などの台頭であります。こうした味をよく加工された食品は、脳の報酬系という回路を強く煽って、必要以上に「もっと欲しい!」と食欲を暴走させてしまうんですね。

食欲をかき立てるフードキューが増えた

昔に比べ、街中で食べ物の広告が増えたりそこらじゅうにお店があったりして食べ物へのアクセスが容易になってしまいました。するとどうなるか。普通に歩いていてもふと食欲をかき立てられる機会が増えてしまいますね。

低価格な食品のほとんどは塩分が多く甘い

大衆にとって低価格は味方。ですがお安い食べ物は塩分が多かったり甘すぎたり、何かと脳の報酬回路を刺激します。そしてこれがカロリーの摂りすぎに繋がるのですね。

ストレス

ストレスで暴飲暴食に走ったことがある方は多いかと。いわゆる“ストレス社会”に生きる私たち現代人にとっては切り離せない問題であります。

マインドレス&習慣化した食事

インスタントや冷凍食品の増加など、今や“食べる”という行為はサッと済ませるものへと変わってしまいました。中には短い時間でスマホを見ながら片手間で済ませる人も少なくありませんね。こうした食事へのマインドレス化が、一度の食事から得られる満足感を弱めてしまい、結果的に食べ過ぎへと繋がります。(例:映画館のポップコーン、居酒屋のおつまみ)
 

 
ザっと挙げてきましたが、こうした要因が重なって、セットポイントの閾値を超えたカロリーを平気で摂ってしまうと。つまり今回の研究でいう、ヘドニック(快楽)システムが体のバランスを保っているホメオスタシス(恒常)システムを狂わせてしまうんですね。

dummy
赤羽(Akabane)

今回は長くなってしまうので一旦ここまで。「なぜ人は太るのか?」には現代社会の環境が実は大きく影響していることがわかりましたね。次シリーズとしては、「『セットポイント理論』に従って痩せるためにできること」をザックリ紹介していく予定ですので是非そちらも。


 

参考文献&引用

#1 Berthoud HR, Münzberg H, Morrison CD,”Blaming the Brain for Obesity: Integration of Hedonic and Homeostatic Mechanisms“,Adv Physiol Educ. 2015 Dec; 39(4): 259–266.

#2 Salans LB, Horton ES, Sims EA,”Experimental obesity in man: cellular character of the adipose tissue.“,J Clin Invest. 1971 May;50(5):1005-11.

#3 Harold Modell,William Cliff,Joel Michael,Jenny McFarland,Mary Pat Wenderoth,Ann Wright,”A physiologist’s view of homeostasis“,Adv Physiol Educ. 2015 Dec; 39(4): 259–266.