過去の心理学研究を総まとめ!あなたの魅力を高めるために効果絶大な6つの仕草

人間心理, 健全な人間関係を築く, 恋愛

過去の心理学研究を総まとめ!魅力的な人になるために効果絶大な6つの仕草

過去の心理学研究を総まとめ!あなたの魅力を高めるために効果絶大な6つの仕草

今回は「あなたの魅力を高めるための6つの仕草」についてのお話です。
 
 
早速ですが、この問題について面白いデータが出ていたので中身を覗いてみましょう。
 

他人に「あの人イイ感じ..」「また会ってみたい」と思わせる6つの魅力ブースター

これは2018年にデイトン大学が発表したメタ分析(#1)で、54件の研究から5442名を対象に、「この人素敵!また会いたい!」と相手に思わせる有効な仕草はどれか?を総まとめしたもの。
 
 
ではまず、今回対象に含まれた「魅力を高める対人の仕草」リストを見てみましょう。

 

魅力を高める仕草の候補リスト
  • 体を前のめりにする
  • 体の方向(どのくらい相手の方を向いてるか)
  • 眉毛を上げる仕草
  • アイコンタクト(頻度と持続時間も込み)
  • 胸を前に突き出す(オードリー春日さんのイメージですね)
  • 大げさなジェスチャー(鈴木奈々さん..?)
  • 髪を触る(かき上げたり)
  • 頭を倒す/傾ける
  • 何度も頷く(うんうん)
  • 首の後ろに手をやる(ファッションサイトの男性マネキンですね)
  • よく喋る(積極性とか話してる時間とか)
  • 声を出して笑う
  • 相手の仕草をまねる(ミラーリングというやつですね)
  • 手足を広げる
  • 距離を縮める(ゼロ距離射撃!)
  • 肩をすくめる(アメリカのコメディ映画に出てきそう)
  • 微笑む
  • ボディタッチ
  • 見た目のおめかし
 

よくある定番テクからなかなか際どいものまで網羅されてますね。そしてこれらテクニックを使った場合の、相手の①心理面の変化「この人なんか良い感じ!」と、②行動面の変化「また会ってみたい!」③その両方を基準にしていきました。
 
 
するとこの結果、次のテクニックが殿堂入りしたようです。

 

あなたの魅力を高める6つの仕草
  1. 相手とよく目を合わせる(持続時間は関係なし)
  2. 相手との距離を近く保つ
  3. よく微笑む(持続時間は関係なし)
  4. 相手の仕草をまねする
  5. 声を出してよく笑う
  6. よく喋る(言葉数、話してる時間)
 

まとめると、パッと見で「自分に興味を示してくれている!」という印象を与えてプラスアルファで「会話にも積極的で明るい!」と思わせてくれる人が魅力的に映るみたいですね。
 
 
しかもこの結果は、恋愛感情や性的魅力を抜きにしても見られていたり、国や文化別で見ても割と一貫していたり、対人関係であればかなり汎用性が高いんじゃなかろうか?と思います。
 
 
「じゃあ逆に効果がなかったのはどのテクニックだったの?」この疑問については、ザっとこんなラインナップでした。

 

魅力アップに効果なしのテクニック
  • よく頷く
  • 体を前のめりにする
  • 体の方向
  • 手足を広げる
  • 髪を触る
  • 首の後ろに手をやる
  • 見た目のおめかし
 

前のめりで話を聴いたり、頷いたりは効果あるのかな?と思っていましたが、どうやら大して効き目はないようです。見た目に気を遣ってもあまり魅力は高まらないというのも面白いですね。
 

まとめ

では最後に今回のまとめを見ていきましょう。

 
過去の心理学研究を総まとめ!あなたの魅力を高めるために効果絶大な6つの仕草
 

対人コミュニケーションテクは世の中にごまんとあるので、「どれを使えばいいの..?」と困ったら、とりあえずこの6つを意識してみると良さそうです。
 
 
ただ意識するあまり、不自然にならないように気を付けたほうが良いですね。相手の動作をまねる「ミラーリング」なんかも、あまりにわざとらしかったり、多すぎたりすると逆効果になることが分かっていたりするので。この辺りのさじ加減は場数を踏んで身に着けるしかなさそうです..

dummy
赤羽(Akabane)

当サイトでは他にも良好な人間関係を築く方法などを取り上げています。興味のある方は以下も併せてご覧ください。

人間関係を良好にするために読んでおきたい記事

参考文献&引用

#1 Montoya, R. M., Kershaw, C., & Prosser, J. L. (2018). A meta-analytic investigation of the relation between interpersonal attraction and enacted behavior. Psychological Bulletin, 144(7), 673-709.