コロナウイルスの感染予防のために本当にすべき8つの対策とは?【WHO(世界保健機関)が推奨】

2020年2月13日体の仕組み

WHO(世界保健機関)が推奨!コロナウイルスの感染予防のために本当にすべき8つの対策とは?

コロナウイルスの感染予防のために本当にすべき8つの対策とは?【WHO(世界保健機関)が推奨】

今回は「新型コロナウイルスの感染予防のためにできる8つの対策」についてのお話です。
 
 
2019年12月、中国の武漢で新型コロナウイルスの感染者が出ました。そして2020年2月現在、コロナは中国に留まらず世界各国へ広まっています。
 
 
日本でもコロナへの危機感が高まってきていて、感染者が出たクルーズ船の乗客をしばらく船内に缶詰め状態にさせておく、などの措置まで取られています。
 
 
こうしたウイルス感染のパンデミックは過去にもSARSやMARSなどありましたが、現在においてもっと怖いのがネットにはびこるガセネタやデマ情報。根も葉もない予防法が出回ってしまっていて、一体どれを信じていいのかよくわからなくなっています。
 
 
というわけで、この記事では現時点で推奨されている本当の新型コロナウイルス対策を8つ挙げていきます。
 

WHO(世界保健機関)が提唱!現時点で本当に正しい新型コロナウイルス対策8つ

情報のソースはWHO(世界保健機関)による声明(#1)で、新型コロナウイルス予防として現段階で効果的と言える8つの対策を紹介してくれていました。
 
 
どれもありきたりかもしれませんが、本当かどうかわからない情報に振り回されるよりかは、現状は以下の8つに徹するのが先決かと思います。
 

こまめに手を洗うこと

石鹸やアルコールでこまめに手を洗うことで手についたウイルスを殺菌することができます。手が汚れていなくても、公共の設備に触れたり外へ出たりしたらまめに洗った方が良さそうです。
 

咳やくしゃみの際はしっかり押さえること

コロナに限らず基本的なことですが、咳やくしゃみの際は肘やティッシュで顔を押さえて、出来る限り飛沫をブロックすることが大事です。
 

周りの人との距離を保つこと

もしも周りの人がウイルス感染していた場合、咳やくしゃみによる飛沫感染の恐れがあります。こうした感染経路を防ぐために、体調の悪そうな人とは特に1m以上の距離を保つことが推奨されています。
 

目や鼻や口をあまり触らないこと

手は色々なものに触れるので、主なウイルス感染源になります。手を洗うのにプラスして、なるべく手で目、鼻、口などの粘膜に触れないことが大事です。
 

熱や咳、呼吸困難の場合はすみやかに病院へ行くこと

これらのサインが必ずしもコロナウイルスによるものとは限りませんが、呼吸器系の異常や高熱はコロナウイルスの兆候でもあります。当てはまる場合はすぐに病院で診てもらった方がよろしいかと思います。
 

軽度の呼吸器疾患がある場合、回復するまで家で上記項目を守りつつリハビリを続けること

呼吸器に問題を抱える患者は、なるべく回復まで家で過ごしながら、上記の予防策を続けながらリハビリをするのが望ましいです。新型コロナでは肺炎などを併発する恐れもあるので、こうした患者は重篤化してしまうかもしれないと。
 

動物や動物性食品に触れた後は特に上記項目を徹底すること

動物や動物性食品を取り扱う市場に出向く場合は、特に手洗いと手で粘膜を触らないことを徹底しながら、病気がちな動物との接触は避けることが大事です。
 

生や生焼けの動物性食品は食べないこと

生肉やミルク、臓器などを扱う際は上記項目に注意しながら、生や生焼け状態で食べないように気をつけましょう。
 

注意点・まとめ

WHOによる8つのコロナ対策はどれも基本的なことばかりで、「なんだ、こんなのみんな分かってるし」と思われたかもしれません。
 
 
ただこれも仕方ない話で、そもそも新型コロナについて現状で分かっていることはまだ少ない状態です。色々な文献をあたってみましたが、やはり今のところは、これまでウイルス対策として効果的だった方法を実践していく他ない!という結論になりそうです。
 
 
また裏を返せば、上記以外のコロナ対策とされている奇抜な予防法は、科学的根拠に基づかない情報であったり、そもそもガセネタであったりする可能性が高いわけです。これまで聞いたことのない斬新な予防法や、データの根拠が示されていない対策は基本疑ってかかるくらいが丁度よいかと思います。
 
 
では最後に今回のまとめを見ていきましょう。

 

ポイント
  • 新型コロナウイルスに関して分かっていることは現段階ではかなり少ない
  • 今できる対策はこまめな手洗いや手で粘膜に触れないこと、他人との距離を1mほどは保つこと、など基本的なことのみ
  • 奇抜な予防法やデータの根拠が示されていない対策は疑ってかかるくらいがよさそう
 

こんな感じでしょうか。ひとまずは上記8つを徹底して新型コロナに立ち向かう準備をしていきましょう。

dummy
赤羽(Akabane)

今後もしばらくコロナ関連の文献は読み漁ってみようと思います。また何かあればこちらでシェアしますので、興味がある方は随時ご来訪をお待ちしております!

参考文献&引用

#1 World Health Organization. Novel Coronavirus (2019-nCoV) advice for the public. accessed on 10th Feb 2020.