サイトメンテナンス中..詳細はこちら

【頭痛持ち必見】医薬品に頼らない!セルフで出来るメンタルハックは片頭痛や緊張型頭痛にどのくらい効果的なのか?

【頭痛持ち必見】医薬品に頼らない!セルフで出来るメンタルハックは片頭痛や緊張型頭痛にどのくらい効果的なのか?

赤羽(Akabane)

今回は「頭痛を治すのに薬じゃなくてメンタルハックだと効果はあるの?」というお話です。

医薬品に頼らない!セルフで出来るメンタルハックは片頭痛や緊張型頭痛にどのくらい効果的なのか?

そもそも頭痛の原因に関しては、色々ありすぎて特定が難しいのが現状。ですが、頭痛はメンタルと密接に関わっているからメンタルヘルスを改善する行動療法が効くんでは?(#1)という考えは根強いです。

では実際のところ、薬に頼らないメンタル療法は頭痛にどのくらい効くんでしょうか?現段階で参考になりそうなデータを見ていきましょう。

医薬品に頼らないセルフマネジメントで頭痛は治るのか?

これは2017年にロイヤル・ホロウェイ(ロンドン大学)が発表した系統的レビュー&メタ分析(#2)で、16件のRCTから1770名の片頭痛や緊張型頭痛に苦しむ患者を対象にしたもの。

まず具体的に、ここでは次のような非医薬療法の効果を調査しました。

  • 認知行動療法:頭痛にまつわる行動や信念を変えることが目的で、不適合な思考の歪みを矯正していく訓練
  • 患者の教育:実験外でも対策できるように、患者らのスキルや知識を高める訓練
  • マインドフルネス&アクセプタンステクニック:今の思考や気持ち、肉体的な感覚への意識を高めたり、それらを受容する精神を保つ訓練
  • リラクゼーショントレーニング:頭痛に関する肉体的な反応や変化を自身でコントロールして、交感神経を落ち着かせてストレスや不安を減らす訓練

詳しくは一旦割愛しますが、特に認知行動療法やマインドフルネスベースドの治療は、科学のお墨が付いたメンタル療法です。

でこうした療法を通常のケアと比べた実験だけを集めていて、どちらが優れているか?がハッキリ分かるようになっています。

するとこの分析から、まず全体で次のようなことが分かりました。

非医薬品療法 vs. 通常のケア
  • 頭痛の深刻度がそこそこ軽減した(−0.36; 95%CI −0.45 to –0.26)
  • 気分が結構善くなった(−0.53; 95%CI −0.66 to –0.40)
  • 頭痛による不具合がそこそこ改善した(−0.32; 95%CI −0.42 to –0.22)
  • QoL(人生の質)がそこそこ高まった(0.32; 95%CI 0.20 to 0.45)
  • 医薬品の消費がちょっぴり減った(−0.18; 95%CI −0.33 to –0.03)
  • 頭痛の頻度には有意な効果ナシ(−0.07; 95%CI −0.22 to 0.08)

ここから言えるのは、今回含まれた非医薬品療法は頭痛にまずまずの改善効果をもたらしてくれるということ。(数字は「標準化平均差」を表していて、今回の結果は軒並み「まあまあ~結構」くらいのレベル)

ではどの療法でどんな効果があったんでしょう?もう少し詳しく見てみると、

  • 認知行動療法は気分を改善する効果があった(-0.41 → -0.72; 95%CI -0.93,–0.51)
  • 患者の教育は頭痛の深刻度を緩和した(−0.28 → −0.51; 95%CI −0.68 to −0.34)
  • 患者の教育は頭痛による不具合を改善した(−0.24 → −0.42; 95%CI −0.58 to −0.27)
  • マインドフルネスは頭痛の深刻度を緩和した(−0.34 → −0.50; 95%CI −0.82 to −0.18)

こんな感じに。矢印前の数字はその療法がない場合の標準化平均差を表していて、矢印後は含めた場合を表しています。ものによっては2倍ちかい改善が見られました。

ただ、これ以外には効果がなかったわけではなくて、単に対象研究が少なくて結果が分からない部分もありました。(例:マインドフルネスは「頭痛の深刻度」しか結果が分からず)

注意点・まとめ

そして注意点も幾つかあって、

注意
  • 結果のバラつきが大きい:実験ごとに微妙にデザインも違うからか、結果にバラつきがある。個人差も大きいかもしれない
  • 色々な療法を組み合わせた実験も結構ある:認知行動療法×リラクゼーションのように、組み合わせで行った実験もあって、その間でのシナジー効果(掛け合わせによる効果の増大)がどのくらいかは分からない
  • 日本の研究は含まれていない:主にアメリカ、ヨーロッパ諸国が大半をしめている。イランの研究も少々。

この辺りは押さえておくとよろしいかと思います。とりあえず全体でみると有意な効果はありそうですが、個人差もかなりありそうです。

では最後に今回の内容をまとめましょう。

ポイント
  • 医薬品に頼らない行動療法や教育などでも十分頭痛を改善できそう
  • 認知行動療法、マインドフルネス療法、教育、ACT辺りが良さげ
  • ただしプログラムの中身や個人差によって得られる効果はばらつきそう

今回含まれた中だと、認知行動療法やマインドフルネス、ACT辺りを実践してみるのが先決かと思います。

赤羽(Akabane)

認知行動療法やマインドフルネス、ACTに興味がある方は、以下も併せてご覧いただくとよろしいかと。

関連記事はこちらをどうぞ

メンタル 認知行動療法 効果 科学的に認められたメンタル改善テクニック『認知行動療法』のいろはを学ぼう!嫌いな自分も受け容れる!認知行動療法の分家『CFT(コンパッション・フォーカスト・セラピー)』で人生満足度を上げよう。認知行動療法の超新星「ACT(アクセプタンス&コミットメントセラピー)」とは?基本となる6つのポイントも解説認知行動療法の超新星「ACT(アクセプタンス&コミットメントセラピー)」とは?基本となる6つのポイントも解説

参考文献&引用

#1 Smitherman TA, Maizels M, Penzien DB. Headache chronification: screening and behavioral management of comorbid depressive and anxiety disorders. Headache. 2008 Jan;48(1):45-50.

#2 Probyn K, Bowers H, Mistry D, et al. Non-pharmacological self-management for people living with migraine or tension-type headache: a systematic review including analysis of intervention components. BMJ Open. 2017 Aug 11;7(8):e016670.