サイトメンテナンスが完了しました!

新型コロナウイルスの重症患者にはステロイドが効く!というWHOの研究結果

新型コロナウイルスの重症患者にはステロイドが効く!というWHOの研究結果

赤羽(Akabane)

今回は「新型コロナ重症患者にはステロイドが効く!」というお話です。

新型コロナウイルスの重症患者にはステロイドが効く!というWHOの研究結果

WHO(世界保健機関)主導のメタ分析!7件の臨床試験をまとめた結果は…

2020年にWHO(世界保健機関)の研究チームが発表したメタ分析(#1)によると、COVID-19重症患者の治療にステロイドが役立つことが分かったようです。

この研究は、過去に発表された7件のRCTから1,703名分(中央値60歳、女性3割)のデータを集めたものでして、それぞれの臨床試験の内容はこんな感じでした。

  • 【ステロイドによる治療(678名) vs. 通常の治療 or プラセボ(1025名)】という構図で患者を無作為にグループ分けし、治療効果を比較する
  • 患者は大半が人工呼吸器を必要とする程の重症であった。試験に使われたステロイドには、メチルプレドニゾロン、デキサメタゾン、ヒドロコルチゾンが含まれた
  • 試験の結果として、患者の振り分けから28日経過時点(21〜30日)での総死亡リスクを分析し、二次的な結果として深刻な副作用がないかをチェックした

そして試験の結果、647名が亡くなってしまい、そこから以下のようなことが分かりました。

結果
  • ステロイド治療のグループでは222名が亡くなり、比較グループでは425名が亡くなった
  • 28日経過時点で、ステロイド治療を行ったグループで比較グループよりも有意に総死亡リスクが低かった(オッズ比0.66 [95% CI, 0.53-0.82]; P < .001; I2 = 15.6%)
  • この結果は、絶対の総死亡リスクで表すとステロイドグループが32%、比較グループが40%であることを示している

なんと、通常の治療を受けた患者さんよりも、ステロイド治療を受けた患者さんの方がその後の生存率が高かったんですね。しかも、見たところ効果にもあまりバラつきはなかったようで、割と一貫した治療効果が見込めそうです。

ただし、ステロイドの種類別に効果を細かく検証したところ、メチルプレドニゾロンのデータは1件しかなかった上に、その結果は大した効果ではありませんでした。(オッズ比0.91 [95% CI, 0.29-2.87; P = .87]) これを踏まえると、治療に使うならばデキサメタゾンかヒドロコルチゾンということになりましょう。

また、副作用を見てみると、ステロイド治療と通常の治療とでは発生率に大差はありませんでした。(18% vs 23%) 兼ねてから、ステロイドは間接的に体の免疫システムを抑え込むことで炎症を鎮めるとされていて、重症患者の体内の火消しに一役買ってくれる可能性が期待されていましたが、今のところなかなかいい結果かと思います。

注意点・まとめ

とはいえ注意点もありまして、ザっと以下の点は押さえておくと良さそうです。

注意
  • 女性の割合がちょっと少ない: 全体の7割が男性で、女性のデータは少ない
  • グループ間で患者の数が不釣合いになっている: 含まれた1件の試験では、1:2の割合で患者を分けていた為、通常の治療orプラセボに振り分けられた患者の割合がその分大きくなってしまっている
  • ステロイド治療の適切なタイミングまでは分からない: 試験もまだ多くなく、それぞれの治療のタイミングもバラバラなので、治療に踏み切る適切なタイミングはよくわかっていない

ステロイドの治療を受けたグループが相対的に少ない点は気になりますね。一応、くだんの1件を除いて再分析したところ、多少リスクの低下は落ち着いたものの、依然としてステロイドの治療に軍配が上がる結果になっていましたが..。

では最後に今回のまとめを見ていきましょう。

ポイント
  • 新型コロナウイルスの重症患者にはステロイドが効く!というWHOの研究結果
  • 7件の臨床試験をまとめたメタ分析によると、治療から28日経過時点で、ステロイド治療を行ったグループで比較グループよりも有意に総死亡リスクが低かったことが判明した
  • 実際に使われたステロイドには「メチルプレドニゾロン」「デキサメタゾン」「ヒドロコルチゾン」が含まれたが、メチルプレドニゾロンはデータが少ない上に効果も微妙だった

赤羽(Akabane)

というわけで、WHOは新型コロナ重症患者へのステロイド治療は有効だというガイドラインを新たに制定したみたいです。今後の追試の動向にも注目ですね。

関連記事はこちらもどうぞ

メタ分析: 新型コロナウイルス(COVID-19)に感染すると危険な人の特徴とは?メタ分析: 新型コロナウイルス(COVID-19)に感染すると危険な人の特徴とは?【メカニズムも解説】新型コロナウイルス(COVID-19)の重症化リスクはタバコで高まるという話は本当なのか?【メカニズムも解説】新型コロナウイルス(COVID-19)の重症化リスクはタバコで高まるという話は本当なのか?新型コロナウイルス(COVID-19)は症状がハッキリ出る前の方が二次感染を広めている?新型コロナウイルス(COVID-19)は症状がハッキリ出る前の方が二次感染を広めている?

参考文献&引用

#1 WHO Rapid Evidence Appraisal for COVID-19 Therapies (REACT) Working Group, Sterne JAC, Murthy S, et al. Association Between Administration of Systemic Corticosteroids and Mortality Among Critically Ill Patients With COVID-19: A Meta-analysis [published online ahead of print, 2020 Sep 2]. JAMA. 2020;10.1001/jama.2020.17023. doi:10.1001/jama.2020.17023