サイトメンテナンスが完了しました!

【フィルターでろ過】最も早死にリスクが低下するコーヒーの飲み方とは?

【フィルターで濾過】最も早死にリスクが低下するコーヒーの飲み方とは?

赤羽(Akabane)

今回は「コーヒーはフィルターで濾過したものを飲んだ方が健康的かも?」というお話です。

最も早死にリスクが低下するコーヒーの飲み方とは?

コーヒーといえば、今や健康食品として筆頭に挙げられる飲み物で、すっかり一昔前の悪評は覆っています。

2017年に発表されたアンブレラレビュー(#1)でも、一日3~4杯のコーヒーを飲む人は、全く飲まない人よりも総死亡リスクが17%低いことが分かっていたり、特に心臓や肝臓周りへの健康効果が目立っています。

というわけで、この記事では「コーヒーの淹れ方で健康効果は変わるの?」という疑問について見ていきます。

コーヒーはフィルターでろ過して上澄みを取り除いた方が健康的?

2020年にノルウェー公衆衛生機構が発表した研究(#2)によると、紙フィルターなどで濾過したコーヒーの方が早死にリスクが下がる効果が高かったことがわかりました。

この研究は、ノルウェーの調査データから508,747名(20~79歳)を対象にしたもので、1985~2003年の間で、彼らの生活を平均で20年間追跡しています。

調査項目は、ザッと以下の通りです。

  • コーヒーの淹れ方・消費量・種類
  • 身長や体重、BMIなどの体組成計
  • 喫煙の有無や運動など生活習慣
  • 年齢や学歴
  • 血圧やコレステロール、中性脂肪値

すると最終的に、46,341名が調査期間中に亡くなり、うち12,621名が循環器疾患、6,202名が虚血性心疾患、2,894名が脳卒中だったようです。そして、こうした死亡要因と上記の調査項目の相関を見ていくと、こんなことが分かりました。

結果
  • 全体で見ると、コーヒーを飲まない人よりもコーヒーを飲む人の方が軒並み死亡リスクは低かった
  • 性別や年齢を問わず、どちらもフィルターでろ過したコーヒーをよく飲む人の死亡リスクは低い傾向が見られた
  • 男女別に見ると、男性ではフィルター以外の飲み方だと全く飲まない場合とさほど死亡リスクが変わらず、女性ではどの飲み方でも全く飲まない場合より死亡リスクが有意に低い傾向が見られた
  • 年齢別に見ると、60歳以上の男性でフィルターを使わずにコーヒーを飲む人は、全く飲まない人よりも循環器疾患による死亡リスクが19%高く、一方で女性の場合は、60歳未満とそれ以上の年齢では、どの飲み方でも全く飲まない場合より死亡リスクが有意に低い傾向が見られた

まとめると、コーヒーは男性よりも女性でより健康効果が高くて、フィルターでろ過して飲む場合は、性別や年齢を問わず全体的に死亡リスクが低い傾向が見られたんですね。ザックリですが、具体的な数字だと、フィルター有で飲む人は全く飲まない人よりも9~28%の死亡リスク低下が一貫して確認されました。

またコーヒーを飲む量で見ていくと、一日1~4杯が最も死亡リスクが低かったようで、逆に一日9杯以上フィルターでろ過しないコーヒーを飲む人は最も死亡リスクが高い傾向も確認されました。

具体例

  • 男性で一日9杯以上のフィルター無コーヒー vs. 男性で一日1~4杯のフィルター有コーヒーだと、総死亡リスクは17%増
  • 女性で一日9杯以上のフィルター無コーヒー vs. 女性で一日1~4杯のフィルター有コーヒーだと、総死亡リスクは20%増

フィルターでろ過したコーヒーがより健康的な理由は?

考えられるメカニズムとしては、コーヒーの上澄みなどに含まれる「カーウェオール」と「カフェストール」というジテルペンの一種が、体内の中性脂肪や悪玉コレステロール(LDL)を増加させる(#3)という報告があります。

こうした物質は、フィルターでこし出すことで除去できるので、より健康的に飲むならばそうした方がいいんじゃないか?と。

注意点・まとめ

ただし注意点もあって、ザッと以下の点は押さえておくと良さそうです。

注意
  • コーヒーの具体的な量は分からない:「一日に何カップ飲むか?」と聞いたので、具体的に何mlか?までは不明
  • コーヒーの具体的な飲み方は分からない:ミルクやクリーム、砂糖を入れる人も多いが、今回の調査ではそこまで考慮されていなかった
  • 聞き取りや測定は開始時点の一度しか行われていない:数十年の間でコーヒーの好みや生活習慣が変わっていないとは考えにくいので、データが正確に対象者の生活習慣を反映しているか?は怪しい

どれも結果に大きな影響を与えかねないことを踏まえると、今回の調査結果はあくまで参考程度に留めておいた方がいいのかもしれません。

では最後に今回のまとめを見ていきましょう。

ポイント
  • 紙フィルターなどでろ過して飲むコーヒーが最も健康的という可能性が示唆された
  • 今回の20年にわたる調査の結果、フィルターでろ過したコーヒーを一日1~4杯の間で飲むのが最も健康的であることが判明
  • メカニズムとしては、コーヒーに含まれるジテルペンの一種「カーウェオール」「カフェストール」などが、中性脂肪やLDLを増加させるかもしれず、これらをフィルターで取り除くことができるからだ、という説が挙げられている

赤羽(Akabane)

果たして、フィルターでろ過するだけでコーヒーの健康効果はどこまで上がるのか…?個人的にはまだよくわからないなーという印象です。私は最近では紙フィルターで濾したコーヒーしか飲んでいなかったので、引き続きこのまま行こうかと思っています!

関連記事はこちらもどうぞ

便秘やお通じの改善にはコーヒーがコスパ最強かもしれない便秘やお通じの改善にはコーヒーがコスパ最強かもしれないコーヒー カフェイン カフェインレス 糖尿病毎日3~4杯のコーヒーとお茶が糖尿病リスクを下げる!コーヒーの驚くべき健康効果と飲むと危険な人、一日の最適な摂取基準を総まとめ!コーヒー 健康 発がん性物質発がん性物質「アクリルアミド」はコーヒーを止めるべき理由になるのか?

参考文献&引用

#1 Robin Poole, Oliver J Kennedy, Paul Roderick, et al. Coffee consumption and health: umbrella review of meta-analyses of multiple health outcomes. BMJ 2017;359:j5024.

#2 Tverdal A, Selmer R, Cohen JM, Thelle DS. Coffee consumption and mortality from cardiovascular diseases and total mortality: Does the brewing method matter? [published online ahead of print, 2020 Apr 22]. Eur J Prev Cardiol. 2020;2047487320914443.

#3 Weusten-Van der Wouw, MPME, Katan, MB, Viani, R, et al. Identity of the cholesterol-raising factor from unfiltered coffee and its effects on liver function enzymes. J Lipid Res 1994; 35: 721–733.