サイトメンテナンス中..ご不便をかけるかもしれません

10種類の有酸素&筋トレ器具を比較!最も消費カロリーが多いトレーニングとは?

10種類の有酸素&筋トレ器具を比較!最も消費カロリーが多いトレーニングとは?

10種類の有酸素&筋トレ器具を比較!最も消費カロリーが多いトレーニングとは?

今回は「器具トレーニング10種類の消費カロリーを比較!」というお話です。

有酸素や筋トレのメニューを決める際の判断材料の一つに「消費カロリー」があるかと思います。減量を第一目標に置いている方であれば尚更そこに重点を置くでしょう。

というわけで、この記事では定番の有酸素&筋トレの器具を比較していって、どれが一番消費カロリーが大きいのか?というところを見ていきます。

10種類の有酸素・筋トレ器具の消費カロリーを比較した結果..

このテーマについて参考になるのが、2020年に米国運動評議会(ACE)がスポンサーとなって発表した研究(#1)です。

この研究では、16名の健康な若い男女(18~25歳)を対象に、以下の10種類の器具トレーニングを実践してもらうという実験を行いました。

器具トレーニング
  • トレッドミル
  • ステップミル
  • エクササイズファンバイク
  • エリプティカル
  • アップライトバイク
  • アークトレーナー
  • ロウワー
  • リカンベントバイク
  • リカンベントステッパー
  • アームエルゴメーター

各トレーニングは主観的なキツさを6~20の数字で測る「ボルグスケール」を参照して、11(まあ楽)、13(ややキツめ)、15(キツめ)の3段階でこなしてもらった様子。実験の日程は1日に2種目ずつで、各実験日の間には最低でも48時間の間隔が設けられたようですね。

そして各トレーニング中の心拍数の上昇や酸素摂取量から消費カロリーを計算した結果、こんな感じになりました。

結果
  • トレッドミル、ステップミルが他8種目と比べて消費カロリーが高かった
  • エクササイズファンバイク、エリプティカル、アップライトバイク、アークトレーナー、ロウワーはリカンベントステップ、バイク、アームエルゴメーターよりも消費カロリーが高かった
  • 最も消費カロリーが低いのはアームエルゴメーターだった
10種類の有酸素&筋トレ器具を比較!最も消費カロリーが多いトレーニングとは?

(#2)The American Council on Exercise. より引用。TM=トレッドミル、ST=ステップミル、EL=エリプティカル、UB=アップライトバイク、AT=アークトレーナー、EFB=エクササイズファンバイク、RO=ロウワー、RB=リカンベントバイク、RS=リカンベントステップ、AE=アームエルゴメーター

まとめると、立って歩いたり上ったりするトレッドミルやステップミルが最もカロリー燃焼には効果的!という結果になりました。この点は、下半身を中心に全身を動かすトレーニングであることを考慮すれば納得のいく結果かと思います。

一方で最も消費カロリーが低かったのはアームエルゴメーターでした。こちらも腕の限られた部分しか動かさないし、そこしか鍛えられない点を考慮すれば消費カロリーが低いことも納得できる話であります。

また他にも、背もたれつきシートに腰掛けるリカンベント系の器具は軒並み消費カロリーが低いみたいです。研究チームの見解では、リカンベントの姿勢が影響しているとのこと。

リカンベントのポジションだと、血流が水平に心臓へと戻っていくので、静脈還流が促進される。つまり、拍出量が増えて心拍数が下がるということだ。(筆者訳, #2)

注意点・まとめ

ただし注意点もあって、今回対象になったのは若くて標準体型の人たちだったので、他の年齢層や体型の方まで一般化できる内容かどうかはわかりません。

また実験内では、見る限り参加者のトレーニング歴も公開されておらず、ここの違いによっては実験結果も変わる可能性があります。(当然歴が長い人ほど効かせるのが上手だから)

では最後に、最も消費カロリーが高かった器具トレ「トレッドミル」「ステップミル」の画像とともにお別れです。

10種類の有酸素&筋トレ器具を比較!最も消費カロリーが多いトレーニングとは?

10種類の有酸素&筋トレ器具を比較!最も消費カロリーが多いトレーニングとは?

(#3)The American Council on Exercise. より引用。

赤羽(Akabane)

有酸素ならトレッドミルで追い込むのが消費カロリーには最適かもしれないですね。今回の実験を主導した米国運動評議会(ACE)は、他にも色々なエクササイズ関連の比較をしてくれています。興味のある方は以下もあわせてご覧ください。

関連記事はこちらもどうぞ

米国運動評議会(ACE)のスペシャリストが推奨する「最も効果的な3つの自重トレーニング」米国運動評議会(ACE)のスペシャリストが推奨する「全身を効率よく鍛える3つの自重トレーニング」米国運動評議会(ACE)の研究成果「部位別 背中の筋トレで効果的な種目」とは?米国運動評議会(ACE)の研究でわかった「部位別 背中の筋トレで効果的な種目」とは?米国運動評議会(ACE)の研究でわかった「ハムストリングを鍛える効率的な筋トレ」とは?米国運動評議会(ACE)の研究でわかった「ハムストリングを鍛える効率的な筋トレ」とは?【全5種類】米国運動評議会(ACE)が提唱する「14分間以内で筋持久力や筋力&パワーをガツンと鍛えるワークアウト」【全5種類】米国運動評議会(ACE)が提唱する「14分間以内で筋持久力や筋力&パワーをガツンと鍛えるワークアウト」【全4種類】米国運動評議会(ACE)が提唱する「14分間以内で心肺機能をガツンと鍛えるワークアウト」【全4種類】米国運動評議会(ACE)が提唱する「14分間以内で心肺機能をガツンと鍛えるワークアウト」

参考文献&引用

#1 Maquel Jensen, et al. A Comparison of Energy Expenditure When Exercising on 10 Indoor Exercise Machines. Int J Res Ex Phys. 14(2):84-94.

#2 American Council on Exercise. ACE-SPONSORED RESEARCH: A Comparison of Energy Expenditure When Exercising on 10 Indoor Exercise Machines. accessed on 21st Feb 2020.

#3 American Council on Exercise. Try This Fat-Blasting Step Mill Interval Workout. accessed on 21st Feb 2020.