サイトメンテナンス中..詳細はこちら

【夜型の女子は要注意】学校の始業時間が朝早いと「社会的時差ボケ」で太りやすくなるらしい

【夜型の女子は要注意】学校の始業時間が朝早いと「社会的時差ボケ」で太りやすくなるらしい

赤羽(Akabane)

今回は「学校の始業時間早すぎじゃない?子どもたちにも悪影響かもよ」というお話です。

【夜型の女子は要注意】学校の始業時間が朝早いと「社会的時差ボケ」で太りやすくなるらしい

早速ですが、この問題について最近出た面白い研究を覗いてみましょう。

早朝の学校は子どもの睡眠パターンを崩して肥満に繋がる?!

これは2019年にペンシルバニア大学が発表した研究(#1)で、804名のティーンエイジャーたち(平均13.2歳)を対象に、学校が早く始まるせいで起こる「社会的時差ボケ(ソーシャルジェットラグ)」が彼らにどんな影響を与えるか?を調べています。

「社会的時差ボケ」とは、学校や仕事など社会の都合で生じる時差ボケの事です。ここでは、対象の青少年たちが平日と比べて週末にどのくらい眠っているか?を基準に見ていて、当然、週末に平日よりガッツリ眠っている場合は、社会的時差ボケが起こってるな?と考えられるわけです。(いわゆる寝だめ)

するとこの結果、こんなことが分かりました。

結果
  • 社会的時差ボケが1時間広がるごとに女子生徒のBMIが0.45kg/㎡増えた
  • ウエスト周りは1.19cm増えた
  • 男子生徒にはこの傾向は有意に見られなかった

まとめると、特に女子生徒で、早朝に学校が始まることで時差ボケが広がるほど太りやすくなる傾向がみられたんですね。これは年ごろの子供たちには痛手ですね~。

また、生徒たちを「朝型か夜型か?」で分けるために、彼らにとって最適な起床時間を調査したところ、こんなことも分かりました。

結果
  • 夜型の女子生徒はBMIが0.16kg/㎡高かった
  • ウエスト周りは0.58cm太かった
  • 男子生徒にはこの傾向は有意に見られなかった

ここまでの結果を総まとめすると、学校で朝早かったりして自分の睡眠タイプ(夜型)とのギャップが広がるほど、女子生徒で特に太る傾向が見られたんですね。

ではどうしてこんなことが起きるのでしょう?メカニズムは「サーカディアンリズム(概日リズム)」の崩壊が考えられています。ここのアンバランスは代謝を狂わせて太りやすくしたり、ホルモンバランスも崩して食欲を暴走させたりすることが分かっているんですね。

この研究だけで、「男子は問題なし!」とは言い切れませんが、よりホルモンバランスの影響を受けやすい女性で悪影響が出やすい、というのは納得いく話かと思います。

注意点・まとめ

一方で注意点も挙げておくと、今回の研究はデザイン上因果関係は特定できません。その点データの質も低めであることは押さえておくと良さそうです。

ただ一応過去の研究結果も絡めて考えると、こんなことが分かっています。

  • 2017年のメタ分析(#2)によると、寝不足で一日のカロリーが平均385kcal増えたとの報告がある
  • 2019年の研究(#3)によると、サーカディアンリズムが崩れると代謝やホルモンバランスに悪影響があるという報告がある

これらもひっくるめると、早朝の学校が夜型の子どもたちにとって悪影響だというのはままあり得る話かと思います。

では最後に今回のまとめを見ていきましょう。

ポイント
  • 早朝の学校は夜型の子どもたちの睡眠リズムを狂わせる
  • 結果ホルモンバランスや代謝も狂って、特に女子で太る傾向が見られた
  • 研究の質としては低いので、男子は本当に問題ないのか?など細かい部分は追試が必要

こんな感じでしょうか。こうしたデメリットも踏まえると、早朝の定時に大人数を一か所に集める学校や会社、こういった風習は時期に時代遅れになっていくのかもしれません。

赤羽(Akabane)

いかに毎日の睡眠リズムが大事か分かる研究結果でした。他にも「睡眠で悩んでいることがある..」という方は以下の続きも参考になりそうですよ。

関連記事はこちらをどうぞ

睡眠不足 肥満 【寝不足は太る】睡眠不足で一日のカロリー摂取量が”菓子パン一個分”も増えてしまうことが判明。夜寝る前のお風呂やシャワーは何時間前にどのくらいの温度で入ればいいのか?夜寝る前のお風呂やシャワーは何時間前にどのくらいの温度で入ればいいのか?簡単な4つのルールに従うだけ!快眠テクニック「刺激制限療法」を今夜から試してみよう夜勤の仕事で満足に寝れないあなたへ「ナイトシフトで睡眠を最適化するルール」夜勤の仕事で満足に寝れないあなたへ「ナイトシフトで睡眠を最適化するルール」睡眠 サプリ 質 効果「眠れない…」睡眠の不調にバッチリ効くサプリ7選

参考文献&引用

#1 Jonathan A. Mitchell, Ariel Williamson, Alexander G. Fiks. Targeting Sleep Duration and Timing for Prevention of Adolescent Obesity. JAMA Pediatr. Published online September 16, 2019.

#2 Al Khatib HK, Harding SV, Darzi J, Pot GK. The effects of partial sleep deprivation on energy balance: a systematic review and meta-analysis. Eur J Clin Nutr. 2017 May;71(5):614-624.

#3 Serin Y. Acar Tek N. Effect of Circadian Rhythm on Metabolic Processes and the Regulation of Energy Balance. Ann Nutr Metab. 2019;74(4):322-330.