サイトメンテナンス中..詳細はこちら

ビタミンDサプリのアンチエイジング効果が最新のメタ分析によって証明されていた件。

ビタミンD サプリ アンチエイジング

飲む価値があるサプリ「ビタミンD」

ビタミンDといえば日光で体内合成できる太陽のビタミンとして有名ですが、近年ではサプリの研究が目覚ましい分野です。食事派の私でも飲むのをオススメできるメリットが確認されていて、

  • ビタミンDサプリで総死亡リスクが7%下がった
  • ビタミンDサプリで慢性痛や睡眠の質が改善されたよ
  • 上限を超えた多量のビタミンDサプリでアンチエイジング効果が見込めるかも

こうした結果がちらほら。ちなみに「摂取上限を超えると良くないんじゃない?」という疑問については、そもそも前提として現代人の大半がビタミンD不足かも..?という点は押さえておくとよろしいかと思います。

【衝撃の事実】室内で働くインドアワーカーの9割はビタミンDが足りていない!【日光を浴びよう】

ビタミンDサプリのアンチエイジング効果を証明するメタ分析が発表。

といったところで、今回はビタミンDサプリとアンチエイジングに関する新しい情報を共有。これは2018年に発表されたメタ分析(#1)でして、ビタミンDサプリはアンチエイジングに本当に効くの?という疑問を調べてくれたもの。ザっと中身を覗いてみると、

  • 20件のRCT研究を精査
  • 総勢1270名の二型糖尿病患者が対象
  • ビタミンDサプリグループvs.何も飲まないグループで下記のバイオマーカー(生理学的な目印)を測定
  • CRP(C反応性タンパク質)、IL-6、TNF-α、レプチン、赤血球沈降速度、アディポネクチン、E-セレクチン

こんな感じ。簡単に言うと、ビタミンDサプリは体内の老化を早める慢性炎症を抑えられるのか?を見ているんですね。全体的にナイスなデザインですが、結果はというと、

ビタミンDサプリのアンチエイジング効果(#1)

結果
  • CRP..効果小
  • IL-6..変化なし
  • TNF-α..効果中
  • レプチン..効果中
  • 赤血球沈降速度..効果中
  • アディポネクチン..変化なし
  • E-セレクチン..変化なし

一覧でこの通り。CRPやTNF-α、赤血球沈降速度値が改善しているあたり、なかなかアンチエイジング効果が見込めそうです。ちなみに赤血球沈降速度は速くなると体内の炎症レベルが高いということになります。

こうしたビタミンDサプリの抗炎症効果(アンチエイジング効果)は同時期に発表された別のメタ分析(#2)でも検証されていて、こちらはこんな結果になっていました。

研究デザイン

  • 13件のRCT研究を精査
  • 総勢875名、中年~高齢者の二型糖尿病患者が対象
  • ビタミンDサプリグループvs.何も飲まないグループ(プラセボ)で対決
  • 実験期間は8~52週間(平均12週間)
  • サイトカイン(炎症の目印)であるhs-CRP(高感度C反応性タンパク質)、IL-6、TNF-αを測定

ビタミンDサプリのアンチエイジング効果(#2)

結果
  • hs-CRP..-0.45μg/mL!
  • TNF-α、IL-6数値には変化なし
  • ビタミンDサプリ摂取量が一日≦4000IU(-0.34μg/mL)、実験期間が12週間以上だった時(-0.31μg/mL) 、特にhs-CRP値が減少した!

以上2件のメタ分析を踏まえると、どうやらビタミンDサプリがCRP(炎症マーカーの一種)に効くのは間違いなさそう。一方でTNF-αへの効果は際どいラインでして、IL-6に至っては効果がない模様。ここは一言に「炎症に効く!」といってもすべての炎症マーカーに効果があるとは限らないんですね。

赤羽(Akabane)

ということで結論。ビタミンDサプリに抗炎症効果は期待してよさそうです。ただ今回の研究は、どちらも二型糖尿病患者(体内の炎症レベルが元々高いことが予想される)が対象なので、健康な人たちに同レベルの効果が期待できるかどうかはわかりません。個人的には、他の絶大な健康効果を踏まえて飲み続けていく所存であります。

関連記事はこちらをどうぞ

ビタミンDサプリのがん・心血管疾患リスク予防効果が質の高い実験で否定されたみたいだビタミンDサプリのがん・心血管疾患リスク予防効果が質の高い実験で否定されたみたいだビタミンDサプリはアスリートの筋力アップに役立つのか?ビタミンDサプリはアスリートの筋力アップに役立つのか?ビタミンDは呼吸器系や認知機能、メンタルヘルスの改善にどこまで効果があるのか?ビタミンDは呼吸器系や認知機能、自己免疫疾患、メンタルヘルスの改善にどこまで効果があるのか?

参考文献&引用

#1 Mousa A, Naderpoor N, Teede H, Scragg R, de Courten B,”Vitamin D supplementation for improvement of chronic low-grade inflammation in patients with type 2 diabetes: a systematic review and meta-analysis of randomized controlled trials.“,Nutr Rev. 2018 May 1;76(5):380-394.

#2 Yu Y,Tian L,Xiao Y, Huang G, Zhang M,”Effect of Vitamin D Supplementation on Some Inflammatory Biomarkers in Type 2 Diabetes Mellitus Subjects: A Systematic Review and Meta-Analysis of Randomized Controlled Trials“,Annals of Nutrition and Metabolism,2018, Vol.73, No. 1.