【朗報】マインドフルネスで先延ばし癖まで直るらしい。

マインドフルネス, 人生を上手に生き抜く技術, 人間心理, 考察編

マインドフルネスとは?ザックリおさらい

マインドフルネス

マインドフルネスはすっかり近年のトレンドですね。これは一言で言うなら、今この瞬間に意識を向けるという概念でして、未来や過去に縛られずに今を生きるのがテーマです。「そんなの出来てるよ」と思われるかもしれませんが、

 

  • 目の前の信号がチカチカしていて急いで渡る
  • ご飯を食べながらスマホをいじる
  • その日の仕事のスケジュールを考えながら歩く

 

これらは全てマインドレスで、今に意識が向けきれていない状態なんですね。
 
 
そしてマインドフルネスが近年で注目されているのは、メンタルをはじめあらゆるメリットが報告されているから。詳しくは以下あたりをザっとご覧いただければ幸いです。

マインドフルネスで先延ばし癖が直る?!

マインドフルネス 先延ばし癖

といったところで今回はマインドフルネスの新しい可能性について。参考になるのが2019年に香港教育大学が発表した研究(#1)で、マインドフルネスで先延ばし癖は直せるか?を調べたもの。
 
 
実験は339名の中国の学生たちを対象に行われて、6ヶ月毎に計4回の地点で彼らのマインドフルネス度と先延ばし度を測るアンケートを取ったみたい。
 
 
そしてそれぞれがどのくらい影響しあっているのか?を調べた結果、

 

  • マインドフルネス度がアップすると先延ばし度が下がった
  • 逆に先延ばししなくなるとマインドフルネス度も高まった

マインドフルネス 先延ばし癖
 

このように、どうやら両者は反比例したようです。つまりここから言えるのは、

 

  • マインドフルネス度が下がってしまうと先延ばしするようになって、悪循環に陥るかもしれない

 

ということ。先延ばしは言わばその場限りの衝動的な行動なんで、これがマインドフルネスを妨げてしまう、と。納得のいく内容であります。
 
 
ちなみに、マインドフルネスと先延ばし癖については他にも、

 

  • 339名の学生を対象に行ったところ、先延ばし癖のある人でマインドフルネス度が低いと、肉体的&感情的な幸福度が低い傾向にあった(#2)

 

こんな報告もあるので、先延ばし癖があるなぁという方は気にされてみてはいかがでしょう?

dummy
赤羽(Akabane)

まとめると、先延ばし→マインドフルネス低下→もっと先延ばし…という悪循環が起こる可能性がありそう。具体的には以下のようなテクニックを使ってマインドフルネスを鍛えてみると良さげです。

参考文献&引用

#1 Rebecca Y.M.Cheung,Melody C.Y.Ng,”Being in the moment later? Testing the inverse relation between mindfulness and procrastination“,Personality and Individual Differences,Volume 141, 15 April 2019, Pages 123-126.

#2 Fuschia M. Sirois, Natalia Tosti,”Lost in the Moment? An Investigation of Procrastination, Mindfulness, and Well-being“,Journal of Rational-Emotive & Cognitive-Behavior Therapy,December 2012, Volume 30, Issue 4, pp 237–248.