サイトメンテナンスが完了しました!

【悲報】ほとんどの定番サプリが死因第2位「循環器疾患」に全く効果がないらしい。

抗酸化サプリ 死亡率 リスク 健康

赤羽(Akabane)

今回は「ほとんどの定番のサプリには心疾患リスクを抑える効果はないかも」というお話です。

【悲報】ほとんどの定番サプリが死因第2位「循環器疾患」に全く効果がないらしい。

本題に入る前に大事な話を一つ。割と食生活の不摂生をサプリでカバーしようとする方がいらっしゃいますが、サプリと食品の栄養は全く別モノです。というのも、サプリから摂った場合に同じ栄養素でも体内で全く別な働きをすることがあるため。ザっと実例を挙げるだけでも、

現時点でこのような研究結果が出ています。原因として考えられるのは、以下のようなものです。

  • 特定の栄養だけを含んでいるから
  • 自然では考えられない量の栄養素でオーバードーズ(摂りすぎ)になる

食品で得られる健康効果は一緒に含まれる色んな栄養と関わりながら起こっていると考えるのが通常でしょうし、単一の栄養を一気に大量摂取すれば体によろしくないのは何となく頷ける話だと思います。

ということで基本のスタンスとしては、ビタミンDのように日頃から多くの人に不足していて、なおかつ大きな副作用も確認されていないサプリは例外として、基本は食事から摂るべきなのかな?というのが私個人の見解です。

【衝撃の事実】室内で働くインドアワーカーの9割はビタミンDが足りていない!【日光を浴びよう】

定番サプリのほとんどが循環器疾患に効果ナシ

といったところで、追い打ちをかけるように今度は定番のサプリ愛飲者に悲しいお知らせがあります。2018年に発表された大規模なメタ分析(#1)によると、定番のサプリのほとんどが循環器疾患(心臓病とか)に効果がなかったようです。ザっと中身を覗いてみると、

*15種類のサプリ

ビタミンA,B1,B2,B3(ナイアシン),B6(ピリドキシン),B9(葉酸),C,D,E,βカロテン,カルシウム,鉄,亜鉛,マグネシウム,セレニウム

このようにかなり大規模&幅広く調べてくれています。これらのサプリを「vs.何もしないorプラセボ(偽薬)グループ」でリスクの差を比較したんですね。すると具体的な結果は、

循環器疾患に“効果アリ”
ビタミンB9(葉酸)が心疾患リスクに、ビタミンB群サプリが発作に効いた
循環器疾患に“効果ナシ”
マルチビタミン、ビタミンC、D、βカロテン、カルシウム、マグネシウム、セレニウムサプリは効果なし
循環器疾患に“逆効果アリ”
抗酸化サプリ(ビタミンA,C,E,βカロテン,セレニウム,亜鉛の2つ以上の組み合わせサプリ)、ビタミンB3(ナイアシン)サプリで総死亡リスクアップ

何とも悲しい結果に。抗酸化サプリが危ない!という結果は前回と同じ結果ですね。そして大半のサプリは単体では循環器疾患リスクに何ら役に立たない様子。

一方でビタミンB群が一部効果アリとの結果になっておりますが、これで「ビタミンB系を飲みまくろう!」と考えるのはまだ早いかもしれません。というのも他の研究を見ていると、

  • ビタミンB9(葉酸)サプリを摂ると、摂らなかったグループより前立腺がんのリスクが高かった!(#2)
  • ビタミンB9(葉酸)とビタミン12サプリを一緒に摂ると、摂らなかったグループより発がんの診断リスクが21%高まった!(#3)

といった結果も少なからずあったりするからです。

その逆に、ビタミンDあたりは今回“効果ナシ”の烙印を押されてしまいましたが、多方面では

なんて研究が豊富でして、この辺りの判断はサプリのメリットとデメリットを天秤にかけて飲むか決める感じになりそうですね。

赤羽(Akabane)

結論として、とりあえずサプリで心臓など循環器系の病を予防しよう!という考えは無駄みたい。やはり一番無難なのは食事から十分な栄養をバランスよく摂ることですかね..。細かいことを考えるのが面倒くさい!という方は、以下のシンプルなルールからまず守ってみるとよろしいかと思います。

関連記事はこちらをどうぞ

健康な食事 シンプル 世界中の食事スタイルを研究してわかった「シンプルで健康な食事」3つの条件とは?

参考文献&引用

#1 Jenkins DJA, Spence JD, Giovannucci EL, et al.”Supplemental Vitamins and Minerals for CVD Prevention and Treatment.“,J Am Coll Cardiol. 2018 Jun 5;71(22):2570-2584.

#2 Jane C. Figueiredo,Maria V. Grau, Robert W. Haile, Robert S. Sandler, Robert W. Summers, Robert S. Bresalier, Carol A. Burke, Gail E. McKeown-Eyssen, and John A. Baron,”Folic Acid and Risk of Prostate Cancer: Results From a Randomized Clinical Trial“,J Natl Cancer Inst. 2009 Mar 18; 101(6): 432–435.

#3 Ebbing M, Bønaa KH, Nygård O, Arnesen E, Ueland PM, Nordrehaug JE, Rasmussen K, Njølstad I, Refsum H, Nilsen DW, Tverdal A, Meyer K, Vollset SE,”Cancer incidence and mortality after treatment with folic acid and vitamin B12.“,JAMA. 2009 Nov 18;302(19):2119-26.